ユーザ/エンドポイントディレクトリ

[ユーザ/エンドポイントディレクトリ] 画面には、指定された時間範囲の、Apex Centralネットワーク内のすべてのユーザおよびエンドポイントに関する情報が表示されます。

  • [エンドポイント] タブまたは [ユーザ] タブにあるドロップダウンコントロールを使用して、表示するデータの時間範囲を指定したり、[表形式][タイムライン表示] を切り替えたりできます。

  • [エクスポート] をクリックして、データを*.csvファイルまたは*.png画像でエクスポートします。

    注:

    [表形式] では、データを*.csvファイルでエクスポートできます。[タイムライン表示] では、データを*.csvファイルまたは*.png画像でエクスポートできます。エクスポートした*.pngのタイムライン画像には、最大で30件のユーザまたはエンドポイントの情報のみが表示されます。

ユーザ/エンドポイントツリーでは、データを次のカテゴリに編成します。

  • ユーザ: エンドポイントにログオンするユーザ、または統合されたActive Directory構造の一部であるユーザに関する情報が含まれます。

    詳細については、ユーザの詳細情報を参照してください。

  • エージェント:Trend Micro セキュリティエージェントがインストールされ、 Apex Centralにレポートしているエンドポイントに関する情報が含まれます。

    詳細については、エンドポイントの詳細を参照してください。

  • Active Directory: 統合されたActive Directoryサーバの組織単位が表示されます。

    注:

    Apex Centralは、複数のActive Directoryフォレストとの同期をサポートしています。Active Directoryドメインを追加すると、同じフォレストのすべてのドメインが自動的に同期されます。

    フォレストの信頼の詳細については、Active Directory管理者にお問い合わせください。

  • 追跡対象エンドポイント:Webインストーラを使用してセキュリティエージェントを正常にインストールできなかったエンドポイントと、関連するインストールエラーが表示されます。

    詳細については、Apex OneセキュリティエージェントWebインストーラを使用するを参照してください。

    [ セキュリティエージェントのインストールの再試行 ]をクリックして、表示されたすべてのエンドポイントにセキュリティエージェントを再度インストールしてください。インストールエラーの説明など、成功した最新の情報に更新しますSecurityエージェントをインストールしていない成功し、リストから消えますセキュリティエージェントをインストールするエンドポイント、およびエンドポイント、。

詳細検索、タグ、およびフィルタを使用して ユーザ および エージェント ノードに表示される初期設定データを変更できます。

詳細については、詳細検索の使用およびカスタムタグおよびカスタムフィルタを参照してください。