製品ディレクトリ概要

[製品ディレクトリ] 画面 ([ディレクトリ] > [製品]) には、Apex Centralサーバに登録されているすべての管理下の製品サーバに関する情報が表示されます。この画面を使用して、管理下の製品の特定のエンティティを検索したり、管理下のサーバのステータス概要を表示したり、管理下の製品のタスクを実行したり、管理下の製品を設定したり、管理下の製品のログをクエリしたりできます。

ヒント:

また、[ログクエリ] 画面を使用して管理下の製品のログをクエリすることもできます。

詳細については、ログクエリを使用するを参照してください。

[製品ディレクトリ] ツリーでは、管理下の製品を以下の初期設定のフォルダに編成します。

  • Apex Central as a Service: Apex Centralサーバの名前が表示され、以下のサブフォルダがすべて含まれます。

  • ローカルフォルダ: [新規エンティティ] フォルダと、作成したカスタムフォルダが含まれます。

  • [Apex One (Mac) as a Service]: Apex One (Mac) as a Serviceサーバおよび Apex Central に登録されているドメインが含まれます ( [ディレクトリ管理] 画面にのみ表示されます)

  • Apex One as a Service: Apex Centralに登録されたApex One as a Serviceサーバとドメインが含まれます。

  • 新規エンティティ: Apex Centralサーバに新しく登録されたすべての管理下の製品が含まれます。(MCPを使用して登録した製品のみが表示されます。[運用管理] > [管理下のサーバ] > [サーバの登録] から登録した製品は表示されません)

  • 検索結果: 基本検索または詳細検索の条件に一致するすべての管理下の製品が含まれます。

注:

Apex Centralでは、[新規エンティティ] フォルダを除くすべてのフォルダを、特殊文字 (!、#、$、%、(、)、*、+、-、コンマ (,)、ピリオド (.)、+、?、@、[、]、^、_、{、|、}、および~)、数字 (0~9)、またはアルファベット順 (a/A~z/Z) に昇順に並べます。

[製品ディレクトリ] 画面では、管理下の製品、および管理下の製品の接続ステータスを表すためにアイコンが使用されます。

[製品ディレクトリ] のアイコンの詳細については、次のトピックを参照してください。

次の表は、[製品ディレクトリ] 画面で使用可能なタスクの概要を示しています。

タスク

説明

ステータス概要の表示

[製品ディレクトリ] で管理下の製品のエンティティを選択してステータス概要を表示します。

詳細については、管理下の製品のステータス概要を確認するを参照してください。

管理下の製品のエンティティの検索

[エンティティの検索] 検索ボックスで、部分一致検索を使用して管理下の製品のエンティティを検索し、[検索] をクリックします。検索条件に一致する管理下の製品のエンティティが [検索結果] フォルダに表示されます。

詳細検索の実行の詳細については、管理下の製品のタスクを実行するを参照してください。

管理下の製品の設定

[製品ディレクトリ] ツリーで管理下の製品のエンティティを選択し、[設定] ドロップダウンからオプションを選択します。

詳細については、管理下の製品を設定するを参照してください。

管理下の製品のタスクの実行

[製品ディレクトリ] ツリーで管理下の製品のエンティティを選択し、[タスクリスト] ドロップダウンからオプションを選択します。

詳細については、管理下の製品のタスクを実行するを参照してください。

管理下の製品のログのクエリ

[製品ディレクトリ] で管理下の製品のエンティティを選択し、[ログ] をクリックします。

詳細については、製品ディレクトリからログをクエリするを参照してください。

製品ディレクトリ構造の編成

[ディレクトリ管理] をクリックして、新しいフォルダを作成したり、[製品ディレクトリ] ツリー内で管理下の製品のエンティティを移動またはグループ化したりします。

詳細については、ディレクトリ管理を参照してください。

管理下の製品のコンソールへのシングルサインオン

製品ディレクトリツリーの該当するフォルダにある管理下の製品サーバのアイコンを選択し、[設定] > [<管理下の製品> シングルサインオン] をクリックします。

ヒント:

[製品サーバ] 画面から管理下の製品のコンソールにシングルサインオンすることもできます。

詳細については、管理下の製品のサーバを参照してください。