ビュー:

ユーザ、デバイス、および組織内のその他のアセットに関連する脆弱性を迅速に評価して軽減します。

重要
重要
[Operations Dashboard]を使用するには、 Attack Surface Risk ManagementにCreditsを割り当てる必要があります。詳細については、 Trend Vision One アプリおよびサービスのCredits要件
注意
注意
Operations Dashboard アプリは、過去30日間のデータに基づく統計情報を提供します。
にアップデート済みのお客様は、 Foundation Servicesのリリースの場合、ユーザが表示およびドリルダウンできるデータは、現在のユーザのアセットの表示範囲によって異なります。アセットの表示範囲の詳細については、を参照してください。Asset Visibility Management
次の表は、Operations Dashboard
タブ
説明
過去7日間の組織の全体的な [リスク指標] と、リスク指標に影響を与えるリスク要因と、各リスク要因に関連付けられた高リスクのイベント、脆弱性、またはアラートの数が表示されます。リスク要因をクリックすると、関連する情報とウィジェットが表示されます。
組織全体のクラウドアプリの使用状況をすばやく把握するために使用できるウィジェットが表示されます。
次の表は、Operations Dashboard
処理
説明
Creditsの使用状況を確認する
Attack Surface Risk Managementに割り当てたCredits数を表示するには、 [Creditsの使用状況]にカーソルを合わせます。
削除済みとしてマークしたリスクイベントのイベントルールを管理する
リスクイベントのすべてのインスタンスを [消去済み] としてマークすると、それ以降のインスタンスのレポートを禁止するイベントルールが作成されます。リスクイベントのレポートを再開するには、破棄されたイベントルールを削除します。
データソースの管理
データソースの追加:トレンドマイクロおよび他社製品およびセンサを接続するには、 [データソース]をクリックします。
詳細については、データソースの設定を参照してください。
ヒント
ヒント
より包括的な洞察と正確な組織比較を得るには、データソース業界と会社の規模を設定します会社概要
レポートの管理
Operations Dashboardのデータから予約レポートまたは1回限りのレポートを生成するには、 [レポートを管理] をクリックしてテンプレートを選択します。
詳細については、テンプレートからのレポートの設定を参照してください。
週次サマリの設定
報告された週の会社のリスク評価の概要が記載された週次メールを受信するには、オプションアイコン (options-icon_001.jpg ) をクリックし、 [週次サマリ] をクリックしてサブスクリプションを有効にします。
注意
注意
を使用します。通知画面週次サマリ受信者のリストを設定します。