ビュー:

Trend Micro Cloud Edgeは、次世代のオンプレミスファイアウォールの利点とSecurity as a Serviceの利便性を兼ね備えた、クラウド型のWebセキュリティゲートウェイ製品です。Cloud Edgeでは、アプリケーション制御をユーザやポートの識別と高度に連携させることで、マルチレイヤ型の保護を提供します。URLフィルタ、帯域幅制御、侵入防止、不正プログラム検索、メールセキュリティ、Webレピュテーションなどのセキュリティ機能により、ネットワーク侵害や業務の中断に対する保護が強化されます。オンプレミスまたはクラウドのネットワークパケットを内容まで調べてフィルタリングすることで、脅威の侵入をゲートウェイで阻止します。また、仮想プライベートネットワーク (VPN) もサポートしており、モバイルデバイス、企業サイト、遠隔地の従業員による接続も保護します。

Cloud Edgeゲートウェイを顧客のオフィスに配置した後は、ユーザアクセスやセキュリティポリシーをCloud Edge Cloud Consoleで一元管理できます。Cloud Edge Cloud Consoleには、必要に応じて、Trend Micro Remote Managerからシングルサインオンでアクセスすることもできます。Remote ManagerはCloud Edgeと連携するため、Remote Managerを使用すれば、サポート対象のゲートウェイやトレンドマイクロ製品に関するグラフィック形式のレポートや要約されたダッシュボードデータに1か所からアクセスできます。Remote Managerは複数の顧客のライセンス管理や請求処理にも役立ちます。

次の図は、Cloud Edgeの仕組みを示したものです。

表 1. Cloud Edgeコンポーネント

コンポーネント

説明

Cloud Edge Cloud Console

Cloud Edge Cloud Console は、クラウドでホスティングされるSecurity-as-a-Service 管理コンソールです。

Cloud Edge Cloud Consoleでは、地理的に離れた複数のネットワークに分散したCloud Edgeゲートウェイのユーザアクセスやセキュリティポリシーを管理できます。Cloud Edge Cloud Consoleはクラウドに配置されており、いつでも動的にアクセスできます。

Cloud Edgeゲートウェイ

Cloud Edgeゲートウェイは、ネットワークセキュリティを提供するために設計された、クラウドを活用するUTM (統合脅威管理) デバイスです。

Cloud Edgeゲートウェイは次世代のセキュリティを実現するコンポーネントで、顧客の環境に配置されます。オンプレミスのファイアウォールとして不正なコンテンツを検索してブロックしたり、ネットワークブリッジとしてセキュリティの脅威を透過的に監視したりできます。

Trend Micro Remote Manager

Trend Micro Remote ManagerはトレンドマイクロのチャネルパートナーおよびMSPを対象とした管理コンソールです。ライセンス管理だけでなく、すべての顧客を対象としたリアルタイムのセキュリティダッシュボードおよびレポート機能を提供します。

サポート対象のゲートウェイやトレンドマイクロ製品に関するグラフィック形式のレポートや要約されたダッシュボードデータにアクセスできます。また、Remote Managerは複数の顧客のライセンス管理や請求処理にも使用できます。Cloud Edge Cloud Consoleには、必要に応じて、Remote Managerからシングルサインオンでアクセスすることもできます。