ビュー:
注:

本ドキュメントは英語版を翻訳したものです。翻訳ソフトウエアにより機械的に翻訳した内容が含まれます。

最新の情報は英語版のページでご確認ください。表示言語は、画面下部の言語名をクリックして切り替えられます。

Trend Micro Apex One as a Serviceは、現在のエンドポイント保護ソリューションに加えて、未知の脅威、ゼロデイ脅威、およびWebベースの脅威に対するセキュリティを強化します。

Apex Oneは、エンドポイントに配置されたセキュリティエージェントプログラムと、すべてのセキュリティエージェントを管理するサーバプログラムで構成される統合ソリューションです。セキュリティエージェントはエンドポイントを保護し、エンドポイントのセキュリティステータスをサーバに報告します。サーバからは、Webベースの管理コンソールを使用して、セキュリティポリシーの設定とアップデートの配信を各セキュリティエージェントに対して簡単に行えます。

Apex Oneは、Trend Micro Smart Protection Networkと連動しています。Smart Protection Networkは次世代のクラウド-クライアント型インフラストラクチャで、従来のアプローチよりも優れたセキュリティを実現します。独自のクラウドテクノロジとより軽量なセキュリティエージェントを使用することで、パターンファイルのダウンロードに依存していた従来の負担を軽減し、デスクトップのアップデートに伴う一般的な延期を解消します。使用可能なネットワーク帯域幅の増加、処理電力の低減、および関連コストの削減によって、多くのビジネスにメリットがもたらされます。ユーザは、企業ネットワーク内、自宅、外出先のいずれの場所からでも、最新のセキュリティ対策を利用することができます。