セキュリティエージェントのインストール — インストーラリンクの送信

セキュリティエージェントを配信するには、インストールパッケージをダウンロードするリンクをユーザに送信する方法が便利です。ユーザは、互換性があるブラウザを使用している必要があります。また、インストールパッケージをダウンロードできるように、Cookieが有効なセキュリティレベルが設定されている必要があります。

注:

セキュリティエージェントは、Internet Explorerのプロキシ設定を使用してインターネットにアクセスします ([ツール]→[インターネットオプション]→[接続]→[LANの設定])。

Microsoft Edgeを使用している場合は、[設定]→[ネットワークとインターネット]→[プロキシ]を実行します。[手動プロキシセットアップ][プロキシサーバを使う] をオンにし、プロキシサーバのアドレスとポート番号を入力します。

Firefoxを使用している場合は、ブラウザでシステムのプロキシ設定を使用する必要があります ([メニュー]→[オプション]→[詳細]→[ネットワーク]→[接続設定])。

管理者は、セキュリティエージェント/セキュリティプロファイルをインストールする前であれば、モバイルデバイスユーザが同意する必要のある使用許諾契約書を変更できます。使用許諾契約書[管理] > [モバイルデバイス登録設定] から編集できます。

  1. ビジネスセキュリティサービスWebコンソールで [セキュリティエージェント] に移動します。
  2. [セキュリティエージェント] のリストの上部にある [セキュリティエージェントの追加] をクリックします。
  3. [セキュリティエージェントの追加先] のドロップダウンリストから、セキュリティエージェントを追加するグループを選択します。
  4. リンクを送信するには、次のいずれかをクリックします。
    • インストーラリンクの送信: 初期設定のメールクライアントでメッセージが開きます。

    • メールコンテンツの表示: メッセージの内容が表示されます。[コンテンツをコピー] をクリックして、メッセージをコピーします。

    販売代理店の方は、別個に管理している会社ごとにログインし、メールを介して配信用ダウンロードURLを入手するか、従来のインストール、つまりスクリプト化されたインストール用のセキュリティエージェントのインストーラをダウンロードする必要があります。

  5. (任意) [リンクの有効期限の設定] をクリックし、インストールパッケージに対してユーザが操作を行わない場合の、メールに記載されたリンクの有効期限を設定します。