承認済みURLリストを設定する

この画面で設定した承認済み/ブロックするURLは、次で定義された設定を上書きします。

この画面で設定した承認済みURLは、次で定義された設定を上書きします。

  • Webレピュテーション

  • グローバル承認済みおよびブロックするURLのリスト

  1. 次の手順のいずれかを実行し、[ポリシーの設定] 画面に移動します (注意: 現在、日本ではアドバンスモードは提供されていません)。
    • クラシックモード: [セキュリティエージェント] に移動して、グループを選択します。 > [ポリシーの設定] をクリックします。

    • アドバンスモード: [ポリシー] > [ポリシー管理] に移動します。[追加] をクリックするか、既存のポリシーをクリックします。

  2. [Mac] をクリックします。
  3. [承認済みURL] に移動します。
  4. 使用する除外方法を指定します。
    • グローバル承認済みURLリスト: グローバル除外リストで設定されたURLを使用します。

    • 除外の指定: 承認済みURLを追加して、その他すべての設定を上書きします。

  5. 除外設定を追加するには
    1. [追加] をクリックします。
      ヒント:

      [追加] の隣にある矢印をクリックしてから、[グローバル除外からインポート] を選択すると、グローバル除外リストで設定されたURLを追加できます。その後、必要な設定をカスタマイズできます。

    2. 承認済みURLを指定します。
      表 1. 承認済みURLリスト

      除外

      説明

      [承認済みURLリスト]

      • 1つのURLを承認すると、そのすべてのサブドメインも承認またはブロックされます。

      • ワイルドカード文字 (*) は許可されています

        詳細については、次のワイルドカードサポートの表を参照してください。

      • 複数の項目を指定する場合は、カンマ、セミコロン、または<Enter>キーで区切ります。

      • 次の文字は使用しないでください。 " < > |

      • HTTPS URLはMacエンドポイントではサポートされていません

      • http://website.com

      • http://*.website.com

      • http://www.website*.com/

      表 2. ワイルドカードサポート

      ワイルドカード

      サポートされている形式

      無効な形式

      「*」は、0個以上の文字に相当します

      ワイルドカードの適切な使用例を次に示します。

      • http://www.example.com/*

      • http://*.example.com

      フィルタでは、パスではなく完全修飾ドメイン名のみがサポートされます。たとえば次のようになります。

      • http://www.example.com/hu*は、http://www.example.com/*と変換されます。

      • http://www.ex*le.com/abc/*.*は、http://www.ex*le.com/*と変換されます。

      URLの末尾にワイルドカードを使用することはできません。

      • http://www.example.com*

      • http://www.example.*

      • http://www.example.com.tw.*

      • http://*.example.*

      ホスト名の最後の文字にワイルドカードを使用することはできません。

      • http://www.example.*/test/abc.htmlは、http://www.example.*/*と変換され、無効となります。

      • http://www.example.com*/123/は、http://www.example.com*/*と変換され、無効となります。

    3. [追加] をクリックします。
  6. 除外設定を編集するには
    1. 承認済みURLリストのURLをクリックします。
    2. 除外設定を更新します。
    3. <ENTER> キーを押して、変更を保存します。
  7. 除外設定を削除するには、削除したい項目にマウスを合わせ、リストの最後の列に表示される をクリックします。
  8. 誤って分類されている可能性のあるURLを通知するか、URLの安全性の評価を確認するには、次のWebサイトにアクセスしてください。http://sitesafety.trendmicro.com/
  9. [保存] をクリックします。