アプリケーションコントロールルールに対してサポートされているシステム変数

アプリケーションコントロールルールでは、ファイルまたはフォルダのパスでWindowsのシステム変数が使用できます。次の表は、ビジネスセキュリティサービスで使用できる変数を示しています。

システム変数

説明

%APPDATA%

ログオンユーザのC:\Users\{current_user_account}\AppData\Roamingフォルダを参照します

%CommonProgramFiles%

C:\Program Files\Common Filesフォルダを参照します

%COMMONPROGRAMFILES(X86)%

64ビットシステム上のC:\Program Files (x86)\Common Filesフォルダを参照します。

%LOCALAPPDATA%

ログオンユーザのC:\Users\{current_user_account}\AppData\Localフォルダを参照します

%ProgramData%

C:\ProgramDataフォルダを参照します

%PROGRAMFILES%

Program Filesフォルダ

標準のパスはC:\Program Filesです。

%PROGRAMFILES(X86)%

64ビットシステム上のC:\Program Files (x86)フォルダを参照します。

%SystemDrive%

システムフォルダがあるドライブを参照します

標準のパスは、C:です

%SYSTEMROOT%

システムドライブのルートを参照します。

標準のパスはC:\Windowsです。

%TEMP%

ログオンユーザのC:\Users\{current_user_account}\AppData\Local\Tempフォルダを参照します

%TMP%

ログオンユーザのC:\Users\{current_user_account}\AppData\Local\Tempフォルダを参照します

%USERPROFILE%

ユーザのプロファイルフォルダを参照します

標準のパスは、C:\Users\{current_user_account}です

%WINDIR%

システムドライブにあるWindowsフォルダを参照します。

標準のパスはC:\Windowsです。