オンプレミスサーバ移行ツール

このツールを使用すると、オンプレミスのサーバ (ウイルスバスター Corp.またはウイルスバスター ビジネスセキュリティ) からビジネスセキュリティサービスWebコンソールにセキュリティエージェントとポリシーの設定を移行できます。

このツールでは次の設定が移行されます。

機能/設定

説明

グループ

このツールでは、グループの構造とグループ名が移行されます。

ウイルスバスター Corp.:

移行されたグループ名は次の形式で表示されます。

[OSCE]ウイルスバスター Corp.グループ名(ウイルスバスター Corp.サーバ名)

ビジネスセキュリティサービスでは単一レベルのグループ構造しかサポートされないため、ウイルスバスター Corp.のサブドメインは移行後は親ドメインと同じレベルに移動されます。移行されたグループ名では元のドメイン階層が維持されます。

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ:

移行されたグループ名は次の形式で表示されます。

[BS]ウイルスバスター ビジネスセキュリティグループ名(ウイルスバスター ビジネスセキュリティサーバ名)

ポリシー設定

このツールでは、Windowsセキュリティエージェントのポリシー設定が移行されます。

ウイルスバスター Corp.のポリシーの移行の詳細については、ウイルスバスター Corp.の移行されるポリシー設定のマッピングを参照してください。

Windowsセキュリティエージェント

移行の完了後、Windowsセキュリティエージェントのシステムトレイのアイコンとコンソールのインターフェイスが変わります。

このツールでは次の設定は移行されません。

機能/設定

ログ

通知

ウイルスバスター Corp.プラグインプログラム

レポート

セキュリティエージェントのコンソールの設定

Trend Micro Security (for Mac)のサーバとエージェントの設定

サポートされているバージョンとプラットフォームについては、以下を参照してください。

ウイルスバスター Corp.の移行のシステム要件

ウイルスバスター ビジネスセキュリティの移行のシステム要件

重要:
  • 移行が完了したらロールバックはできません。また、移行元のサーバではセキュリティエージェントを管理できなくなります。

  • 移行を実行する前に、移行元のサーバで次の設定が完了していることを確認してください。

    • ウイルスバスター Corp. 11: [権限とその他の設定] > [その他設定] を選択し、[ウイルスバスター Corp.クライアントにコンポーネントのアップデートを許可するが、クライアントプログラムのバージョンアップとHotFixの配信を禁止] 設定をオフにします。

    • ウイルスバスター Corp. XG: [権限とその他の設定] > [その他設定] を選択し、[ウイルスバスター Corp.クライアントがアップデートするコンポーネント:][すべてのコンポーネント (HotFixとクライアントプログラムを含む)] を選択します。

    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ: [ポリシーの設定] > [エージェントの権限] を選択し、[自動でのビルドのバージョンアップ、HotFix、Critical Patch、Patch、Service Packを無効にする] 設定をオフにします。

  • すべてのセキュリティエージェントの移行が完了するまでは、移行元のサーバをアンインストールしたりシャットダウンしたりしないでください。

    詳細な使用方法については、下記のWebサイトを参照してください。

    http://tmqa.jp/vbbss_migrationtool
  1. ビジネスセキュリティサービスWebコンソールで、[管理] > [ツール] に移動します。
  2. [オンプレミスサーバ移行ツール] の下のダウンロードリンクをクリックします。
  3. 移行元のサーバにツールをコピーします。
  4. On-Premises Server Migration Tool.exeをダブルクリックしてツールを起動します。
  5. 画面に表示される指示に従って移行を実行します。

    設定の移行が完了すると、セキュリティエージェントでアップグレードが実行されます。ビジネスセキュリティサービスでは、アップグレードが完了するまでセキュリティエージェントを管理できません。