Active Directoryの設定

ビジネスセキュリティサービスでは、管理者はActive Directoryの組織単位 (OU) の構造を使用してセキュリティエージェントの管理を行うことができます。Trend Micro Common Active Directory Synchronization Toolを使用すると、Active Directoryの構造との自動同期の設定や、Active Directoryの構造の手動インポートが可能になります。

Active Directoryの構造に複数のドメインが含まれている場合は、ビジネスセキュリティサービスでActive Directoryの設定を行うときに、ポート389を通じて通信するドメインだけを追加します。ポート3268を通じて通信するドメインを追加すると、セキュリティエージェントがデバイスツリーの初期設定のフォルダに置かれ、Active Directoryの構造に基づいてセキュリティエージェントを管理できなくなります。