HTTPS 復号プロファイルを設定する

目的: HTTPS 復号プロファイルを設定します。このプロファイルで、HTTPSトラフィックを識別したり、特定のURLカテゴリを検索から除外したりできます。

場所: ポリシー > ゲートウェイプロファイル > 追加または既存のプロファイル名 > HTTPS復号 (タブ)

  1. 必要に応じて、プロファイルを有効にします。
  2. URLカテゴリの除外設定を行います。

    URLカテゴリグループ」を参照してください。

  3. [URLの許可の変更] をクリックして許可するURLリストを設定します。

    URLの許可/ブロック」を参照してください。

  4. IPアドレスオブジェクトを追加して、除外する送信元アドレスを設定します。

    送信元アドレスの除外設定は、HTTPSトラフィック検査をバイパスし、その送信元アドレスからのすべてのHTTPSトラフィックへのアクセスをエンドポイントに許可します。

  5. [保存] をクリックします。