管理アクセスを有効にする

目的: ゲートウェイへのリモート管理アクセスを有効にします。SNMPを有効にすると、ユーザはサポートされているオブジェクトの情報をSNMPマネージャから取得できます。

場所: ゲートウェイ > (選択したゲートウェイ) > [ネットワーク] > 管理アクセス

  1. インタフェースで有効にするサービスを選択します。
    • Webコンソール

    • Ping

    • SSH

    • SNMP

  2. テーブルの下のフィールドに、アプライアンスへのリモートアクセスを許可するIPアドレスを指定します。
    注:

    この設定により、アプライアンスにリモートでアクセスできるIPアドレス範囲が決まります。単一のIPアドレスがサポートされており、範囲を表すには「-」記号を使用できます。IPアドレスとネットマスクは192.168.1.1/24の形式で指定します。指定しない場合は、すべてのIPアドレスが許可されます。

  3. [保存] をクリックします。