Secure Access Rules

[ セキュアアクセスルール ]画面には、ネットワーク環境全体のさまざまなリスクを軽減するために作成した Secure Access Rules の概要が表示されます。

重要:

これは「プレリリース」機能であり、公式リリースとは見なされません。この機能を使用する前に、 プレリリースに関する免責事項 を確認してください。

セキュアアクセスルールを作成する前に、次の権限を付与するか、次の設定を完了します。

  • ユーザデータにアクセスするための トレンドマイクロ 権限を付与し、IAMシステムでユーザアクセスポリシーを適用して、ユーザおよびユーザグループに対するアクセス制御を実装します。

    Microsoft Azure ADがサポートされます。詳細については、 リスク分析用のデータソースの設定のAzure ADデータソースを参照してください。

  • プライベートアクセスサービスを導入して、組織の内部アプリへのアクセスを保護します。詳細については、「 Private Access Configuration」を参照してください。

  • インターネットアクセスサービスを導入して、クラウドアプリや外部URLにアクセスする際のリスクや脅威からユーザを保護します。詳細については、「 Internet Access Configuration」を参照してください。

操作

説明

セキュアアクセスルールを作成する

セキュアアクセスルールは、ユーザが組織のネットワーク環境にアクセスして使用する方法を制御します。このルールを使用すると、環境内の危険な動作や不審なエンティティやアクティビティに対応できるため、内部アプリケーションやクラウドアプリケーションへのアクセスをリスク、ID、時間、および場所ごとに動的に制御できます。

Secure Access Rulesの作成の詳細については、 リスク管理ルールの作成プライベートアクセスコントロールルールの作成 、および インターネットアクセス制御ルールの作成を参照してください。

セキュアアクセスルールの詳細を確認する

[ リスク管理]、[ プライベートアクセスコントロール ]、または[ インターネットアクセス管理 ]タブをクリックして、組織に設定されているすべてのルールを表示します。

ルール名をクリックして、必要に応じてルールを編集します。

保護されたアクセスルールのステータスを変更する

ステータス の下の切り替えボタンをクリックして、ルールを有効または無効にします。

Secure Access Rules

ルールは、最も高い優先度から最も低い優先度の順に適用されます。

  • リスク管理ルール:ドロップダウンリストからルールテンプレートを選択し、ルールをドラッグして目的の優先度に配置します。

  • プライベートアクセス制御ルールとインターネットアクセス制御ルール:ルールをドラッグして、目的の優先度に設定します。

    プライベートアクセスコントロール および インターネットアクセス管理 ルールタイプの場合、 Trend Micro Vision One はそれぞれデフォルトのルールを提供し、これは常に最低の優先度を持ちます。

Secure Access Rulesをフィルタリングします

  1. [ リスク管理]、[ プライベートアクセスコントロール ]、または[ インターネットアクセス管理 ]タブをクリックします。

  2. ドロップダウンリストと[ ルール名 フィールドを使用して、ルールをフィルタします。