Secure Access Overview

[ Secure Access Overview ]画面には、ネットワーク環境全体の内部およびクラウドアプリのアクセス制御の概要が表示されます。

重要:

これは「プレリリース」機能であり、公式リリースとは見なされません。この機能を使用する前に、 プレリリースに関する免責事項 を確認してください。

セキュアアクセスルールで検出されたユーザ、デバイス、およびアプリの使用状況を表示して調査できます。また、現在のルールのパフォーマンスを確認して、より適切に自動化された判断を下し、ネットワークで検出されたリスクを軽減して対応できるようにすることもできます。

注:

Secure Access Overview 画面には、過去30日間のデータに基づく統計が表示されます。

次の表は、画面で使用可能なウィジェットの概要を示しています。

ウィジェット

説明

セキュアアクセスコントロール ハイライト を調査してハイライト表示

セキュアアクセスルールによって処理が実行された、検出されたユーザ、デバイス、およびアプリの使用状況が表示されます。

期間のドロップダウンリストをクリックして、表示期間を選択します。

各バブルアイコンをクリックすると、処理数別の上位3つと関連するルール一致が表示されます。

[ 詳細を表示 ]をクリックして、対応するルール施行の詳細を確認します。

最も検出されたアクティビティが多かったセキュアアクセスルール[トップ10]

最も多くの処理を実行するようにトリガされたセキュアアクセスルールを表示します。

期間のドロップダウンリストをクリックして、表示期間を選択します。

ルール名をクリックしてルール設定画面を開き、必要に応じてルールを変更します。

[検出されたアクティビティ]をクリックして、ユーザまたはデバイスのアプリアクセスアクティビティ別のルール施行の詳細を表示します。

[ 適用されたすべてのルールの表示 ]をクリックして[ Access Control History ]画面を開き、ルールごとに詳細なアクセス制御ログを表示します。詳細については、「 Access Control History」を参照してください。