エンドポイントへのSecure Accessモジュールの配信

Secure Accessモジュールを配信するエンドポイントを選択するか、Agentを介してエンドポイントから削除します。

  1. Trend Micro Vision One コンソールで、[ Zero Trust Secure Access > プライベートアクセス設定 ]または[ インターネットアクセス設定]に移動し、右上隅にある[ Secure Accessモジュールを使用するエンドポイント ]をクリックします。

    使用可能なエンドポイント タブが表示され、エージェントインストーラーですでにデプロイされている環境内のエンドポイントが表示されます。

    重要:

    Secure AccessモジュールはAgent経由でのみエンドポイントに配信でき、特定のOSのみをサポートするため、まずサポート対象のプラットフォームで実行する必要なすべてのエンドポイントにAgentをインストールしてください。詳細については、を参照してください。モジュールでサポートされているオペレーティングシステム

  2. Agentにまだインストールされていないエンドポイントがある場合は、[ Agentインストーラをダウンロードする ]をクリックして、必要なエンドポイントにAgentをダウンロードしてインストールします。

    Agentおよび環境内のエンドポイントにAgentを配信する方法の詳細については、「 Endpoint Inventory」を参照してください。

    これらのエンドポイントがAgentとともに正常にインストールされると、[ 使用可能なエンドポイント ]タブに表示されます。

  3. モジュールが配置されているエンドポイントを表示するには、ドロップダウンリストから[モジュールが配置されていない モジュールがデプロイされていないエンドポイント]、[モジュールが配置されている モジュールが配信されたエンドポイント]、または[ すべてのエンドポイント ]を選択します。
  4. エンドポイントにSecure Access Moduleを配信します。
    1. モジュールにまだ配信されていない1つ以上のエンドポイントを選択し、[ モジュールの配信]をクリックします。
    2. 表示される[ Secure Accessモジュールの配信 ]画面で、選択したエンドポイントを確認し、[ 配信]をクリックします。

      [ 使用可能なエンドポイント ]タブが表示され、対応するエンドポイントの[ モジュール配信ステータス ]列に[ 配信 ]と表示されます。

    3. しばらくお待ちください。

      配信が成功すると、右下隅に確認メッセージが表示されます。一部のエンドポイントで配信が失敗した場合、同じ場所にエラーメッセージが表示され、[ 必要な処理 ボタンが表示されます。詳細については、手順「 6」を参照してください。

  5. (オプション)エンドポイントからSecure Access Moduleを削除します。
    1. モジュールとともに配置された1つ以上のエンドポイントを選択し、[ モジュールを削除]をクリックします。
    2. 表示される[ Secure Accessモジュールの取り外し ]画面で、選択したエンドポイントを確認し、[ 削除]をクリックします。

      [ 使用可能なエンドポイント ]タブが表示され、対応するエンドポイントの[ モジュール配信ステータス ]列に[ モジュールを削除しています が表示されます。

    3. しばらくお待ちください。

      配信が成功すると、右下隅に確認メッセージが表示されます。一部のエンドポイントで配信が失敗した場合、同じ場所にエラーメッセージが表示され、[ 必要な処理 ボタンが表示されます。詳細については、手順「 6」を参照してください。

  6. Secure Accessモジュールの配信と削除の問題を解決します。
    1. [ 必要な処理 ]タブをクリックします。

      モジュールの配信または削除に失敗したエンドポイントが表示され、個々のエンドポイントの[ モジュール配信ステータス ]列にエラーが表示されます。

    2. 1つ以上のエンドポイントを選択して、モジュールを再配置または削除してください。

      OSの問題については、エンドポイントをサポート対象のOSにアップグレードして、再度実行してください。その他の問題については、サポートプロバイダに問い合わせてください。

ユーザにエンドポイントで Trend Micro Zero Trust Secure Access アプリを探し、企業アプリやインターネットにアクセスする必要がある場合は企業アカウントでログインするように指示します。

注:

macOSを実行しているエンドポイントの場合、必要な権限を設定し、初回起動時に Trend Micro Zero Trust Secure Access 通知を許可するようユーザに指示します。これにより、アプリへのアクセスがブロックされたときにユーザに通知できるようになります。

Windowsを実行しているエンドポイントの場合、プロンプトが表示されたら、 Trend Micro Zero Trust Secure Access にWindows Defenderファイアウォール経由の通信を許可するようにユーザに指示します。