プライベートアクセスコネクタの設定

Private Access Connector仮想アプライアンスのグループを配信し、 Trend Micro Vision One コンソールで管理します。

コネクタグループは、オンプレミスのデータセンターまたはクラウドIaaS環境のエントリポイントに配置される1つまたは複数のプライベートアクセスコネクタで構成されます。アクセス制御を実施するための企業アプリケーションは、同じ環境内のコネクタのグループから到達可能です。複数のConnectorを配置することで、プライベートアクセス制御の負荷分散とスケーラビリティが可能になります。

プライベートアクセスコネクタ タブには、 Trend Micro Vision Oneに接続されているコネクタグループとそのプライベートアクセスコネクタの概要が表示されます。

操作

説明

Private Access Connectorグループを作成する

  1. [ プライベートアクセスコネクタグループの作成 ]をクリックして、[ プライベートアクセスコネクタグループの追加 ]パネルを開きます。

  2. グループの名前と説明を指定します。

  3. [ 保存]をクリックします。

    コネクタを保存して追加をクリックして、最初のコネクタを追加することもできます。

プライベートアクセスコネクタを配置する

  1. Connectorを追加するコネクタグループを探します。

  2. サポート対象のプラットフォームにConnector仮想アプライアンスを配置します。

    詳細については、「 Private Access ConnectorVirtual Applianceの配置」を参照してください。

Private Access Connectorグループの詳細を確認する

コネクタグループとそのグループに登録されているコネクタに関する基本情報を表示します。

Private Access Connectorグループを設定する

[ 処理 ]列の[ ]をクリックして、コネクタをグループに配信します。

処理 列の をクリックして、グループに関する基本情報を変更し、グループの下のすべてのコネクターの自動更新をスケジュールします。

処理 列の をクリックして、 Trend Micro Vision Oneからコネクタグループを削除します。

注:

登録済みのコネクタと該当する内部アプリがないコネクタグループのみ削除できます。

プライベートアクセスコネクタを設定する

[ 処理 ]列の[ ]をクリックして、コネクタに関する基本情報を変更します。

処理 列の をクリックして、 Trend Micro Vision Oneからコネクタを削除します。プライベートアクセスコネクタを削除すると、 Trend Micro Vision Oneに保存されている設定と使用状況データが削除されます。

同じグループ内の複数のコネクタを削除するには、コネクタを選択して、左上の[ 削除 ]をクリックします。

処理 列の をクリックして、単一のコネクタをアップデートします。