インターネットアクセスゲートウェイ

インターネットアクセスゲートウェイを追加および管理して、ユーザのWebアクティビティを監視、分析、および制御します。

クラウドに配置されたインターネットアクセスゲートウェイは、組織のインターネットゲートウェイのグループに関連付けられます。追加して設定すると、指定したインターネットゲートウェイが既知の場所として識別されます。クラウドプロキシを利用して、これらの既知の場所から転送されたユーザのHTTPS / HTTPトラフィックを検査し、適用された Secure Access Rulesに基づいて、ユーザがクラウドアプリまたは外部URLへのアクセスを許可されているかどうかを判断します。

注:

クラウドのインターネットアクセスゲートウェイを使用するには、各インターネットゲートウェイのパブリックIPアドレスの範囲が固定されていることを確認してください。

Trend Micro Vision One は、初期設定のインターネットアクセスゲートウェイを提供します。たとえば、従業員が企業ネットワークの外部からインターネットにアクセスする場合など、設定済みのインターネットアクセスゲートウェイの既知のIPアドレス以外からのWebトラフィックを持つローミングユーザにサービスを提供します。

操作

説明

インターネットアクセスゲートウェイを追加する

詳細については、「 クラウドインターネットアクセスゲートウェイの追加」を参照してください。

インターネットアクセスゲートウェイの詳細を確認する

ゲートウェイの基本情報を表示します。

  • ステータス:このゲートウェイに設定されているすべてのIPアドレスを確認するかどうか

  • IPアドレス:組織のインターネットゲートウェイのパブリックIPアドレス

  • ユーザ認証:HTTPS / HTTP要求がゲートウェイに転送されるとき、ユーザは常に自身を認証する必要があります。

インターネットアクセスゲートウェイを設定する

処理 列の をクリックして、ゲートウェイに関する基本情報を変更します。

処理 列の をクリックして、 Trend Micro Vision Oneからゲートウェイを削除します。

複数のゲートウェイを削除するには、ゲートウェイを選択し、左上の 削除 ]をクリックします。