HTTPSインスペクションルールの追加

指定したURLカテゴリのコンテンツを復号化して選択したインターネットアクセスゲートウェイに適用するHTTPSインスペクションルールを作成します。

  1. [ HTTPSインスペクション ]タブで、[ HTTPSインスペクションルールの追加]をクリックします。

    HTTPSインスペクションルールの追加 画面が表示されます。

  2. 基本情報 タブをクリックします。
  3. ルールの一意の名前と説明を指定します。
  4. [ ゲートウェイ]で、ルールを適用するゲートウェイを選択します。すべてのゲートウェイを選択するか、[ ゲートウェイ ]画面で管理されているゲートウェイのリストから特定のゲートウェイを選択するか、必要に応じてユーザトラフィックをローミングするための初期設定のゲートウェイを選択できます。
  5. [ URLカテゴリ]で、ルールを適用するURLカテゴリを選択します。

    (オプション)[ カスタムURLカテゴリの追加 ]をクリックして、トレンドマイクロの定義済みURLカテゴリに含まれない新しいURLカテゴリを指定します。詳細については、「 カスタムURLカテゴリ」を参照してください。

  6. [ 証明書 ]タブをクリックします。

    初期設定の証明書の管理 画面で設定されたデフォルトCA証明書が自動的にロードされます。

  7. (オプション)[ 組み込みの証明書にリセット をクリックするか、[ ファイルを選択... ]をクリックして、このルールで使用する証明書をアップロードします。
  8. [ 保存]をクリックします。