HTTPSインスペクション

インターネットアクセス制御のために、HTTPS接続を介して暗号化されたコンテンツを復号および検査します。

Hypertext Transfer Protocol with Security(HTTPS)は、HTTPとネットワークセキュリティプロトコル(TLS、Transport Layer Securityなど)を組み合わせたものです。HTTPS接続は、機密コンテンツを保護するために安全な接続を必要とするWebアプリケーション(オンラインバンキングなど)に使用されます。従来のセキュリティデバイスではこのコンテンツを復号および検査できないため、HTTPSトラフィックに埋め込まれたウイルス/不正プログラムやその他の脅威が、セキュリティ防御を透過して企業ネットワークに侵入する可能性があります。

インターネットアクセスサービスは、暗号化されたコンテンツを復号して検査することにより、HTTPSのセキュリティホールを閉じます。復号化中のデータは、 Secure Access Rules を適用できるHTTPトラフィックと同じ方法で処理されます。復号されたデータは、インターネットアクセスゲートウェイサーバのメモリ内にあるため、完全に安全です。ゲートウェイを離れる前に、データは暗号化されてクライアントのブラウザに安全に渡されます。