Internet Access Configuration

インターネットアクセス設定 を使用すると、 トレンドマイクロ インターネットアクセスサービスを導入して、Webアクティビティを分析し、 Secure Access Rules を適用してユーザのインターネットアクセスを保護できます。

重要:

これは「プレリリース」機能であり、公式リリースとは見なされません。この機能を使用する前に、 プレリリースに関する免責事項 を確認してください。

インターネットアクセスサービスは、次の2つの主要コンポーネントで構成されています。

  • インターネットアクセスゲートウェイ:クラウドに配置され、サービスとして配信されます。ゲートウェイはプロキシベースであり、ゲートウェイに転送されるユーザのHTTPS / HTTPトラフィックを分析して、 Secure Access Rulesを適用します。

  • セキュアアクセスモジュール:トレンドマイクロのVision Oneが管理するエンドポイントに配信され、クラウドアプリや外部URLへのネットワークトラフィックを分析および制御のためにインターネットアクセスゲートウェイに転送します。

インターネットアクセスサービスは、すべてのインターネットトラフィックを双方向で検査し、Secure Access Rulesを適用することで、ユーザのWebアクティビティを保護します。グローバルに利用可能な初期設定のゲートウェイを使用すると、場所に関係なく、ユーザのWebトラフィックを監視、分析、および制御できます。組織の場所を特定する専用のゲートウェイを使用することで、アクセス管理やインターネットアクセスを迅速化できます。

  1. クラウド Internet Access Gateway (既知の場所からのユーザトラフィックの識別)を作成するか、初期設定のGateway(未知の場所からのリモートユーザトラフィックの識別)を使用して、ユーザのWebアクティビティを分析し、インターネットアクセス制御を実施します。
  2. Webトラフィックを適切なインターネットアクセスゲートウェイに転送するために、管理するエンドポイントにSecure Access Module を配信します。

    または、 Trend Micro Vision One コンソールで プロキシ自動設定(PAC)ファイル を作成し、クライアントブラウザに手動で配信して、エンドポイントからインターネットアクセスゲートウェイにWebトラフィックを転送することもできます。

  3. [ インターネットアクセス設定 ]画面で[ インターネットアクセス管理 ]トグルをオンにして、モジュールにログインしてインターネットアクセスサービスを機能させるようにユーザに指示します。
  4. (オプション)HTTPSコンテンツへのアクセスを許可するかどうかを決定する必要がある場合は、HTTPSトラフィックを復号するように HTTPSインスペクションルール を設定します。