オブジェクトの詳細(レガシー)

オブジェクトの詳細 タブには、 分析チェーン タブと同じ情報が表示されますが、情報はテーブルとして表示されます。

オブジェクトの詳細 は、オブジェクトを次のタブに編成します。

  • オブジェクト:一致したオブジェクトの実行に関与したオブジェクト。親プロセスごとにグループ化されます。[▶]をクリックしてリストを展開します。

  • 注意が必要なイベント:トレンドマイクロの既存のインテリジェンスに基づく、不正と思われるチェーン内のオブジェクト

  • ファイルイベント:ファイルであるチェーン内のオブジェクト

  • レジストリイベント:レジストリキーと値であるチェーン内のオブジェクト

  • IP /ドメイン/ URLイベント:IPアドレス、ドメイン、またはURLイベントであるオブジェクト

表には次の詳細が表示されます。

列名

説明

記録されたオブジェクト

記録されたオブジェクトの名前

オブジェクト名をクリックすると、詳細が表示されます。

プロセスID

記録されたオブジェクトのプロセスID

記録済み

オブジェクトがチェーンに関与した日時

アクティビティ

オブジェクトによって実行された処理

オブジェクト名をクリックすると、詳細が表示されます。

オブジェクトレピュテーション

既存の トレンドマイクロ インテリジェンスに基づいてオブジェクトに割り当てられた評価

さらに、Threat ConnectまたはVirusTotalで "Malicious" 評価のオブジェクトを調べることができます。

影響を受けるエンドポイント

オブジェクトが表示されるエンドポイントの数

ネットワーク上のエンドポイントの総数に基づく、影響を受けたエンドポイントの割合

値をクリックすると、エンドポイントの詳細が表示されます。

次のオプションを使用してテーブルを管理します。

  • [ オブジェクト タブで、フィルタアイコン()をクリックして、指定した条件に従ってテーブルをフィルタします。

  • ファイルイベント タブで、 記録されたオブジェクト 列と オブジェクトレピュテーション 列をクリックしてテーブルをソートします。