WebGLを有効にする

ブラウザでWebGLを有効にして、実行プロファイルを適切に表示します。

注:

Trend Micro Vision One コンソールは、次のブラウザをサポートしています。

  • Google Chrome™ (最新バージョンと最新バージョン)

  • Mozilla®Firefox® (最新バージョンと最新バージョン)

  • Microsoft Edge™ (Chromiumベース)(最新バージョンと最新バージョン)

次の表は、サポートされているブラウザでWebGLを有効にするためにユーザが実行できる手順を示しています。

ブラウザ

手順

Google Chrome™

  1. ブラウザウィンドウを開き、アドレスバーに「 chrome://settings/system 」と入力します。

  2. [ System ]セクションで、[ 利用可能な場合はハードウェアアクセラレーションを使用する]をオンにします。

    変更を有効にするには、ブラウザを再起動する必要があります。

  3. アドレスバーに「 chrome://gpu 」と入力します。

  4. [ Graphics Feature Status]で、WebGLを検索してそのステータスを確認します。

    ハードウェアで高速化された というメッセージが表示された場合は、グラフィックカードでWebGLが実行されていることを示しています。

Mozilla®Firefox®

  1. ブラウザウィンドウを開き、アドレスバーに「 about:config 」と入力します。

  2. 検索ボックスに「 webgl.disabled」と入力します。

    false が表示される場合は、WebGLが有効であることを示します。

Microsoft Edge™ (Chromiumベース)

  1. ブラウザウィンドウを開き、アドレスバーに「 edge://settings/system 」と入力します。

  2. [ System ]セクションで、[ 利用可能な場合はハードウェアアクセラレーションを使用する]をオンにします。

    変更を有効にするには、ブラウザを再起動する必要があります。

  3. アドレスバーに「 edge://gpu 」と入力します。

  4. [ Graphics Feature Status]で、WebGLを検索してそのステータスを確認します。

    ハードウェアで高速化された というメッセージが表示された場合は、グラフィックカードでWebGLが実行されていることを示しています。