除外の追加

ドメイン、ファイルSHA-1、ファイルSHA-256、IPアドレス、送信者アドレス、またはURLオブジェクトを 除外 リストに追加できます。

  1. 脅威インテリジェンス > 不審オブジェクトの管理に移動します。
  2. 除外リスト タブをクリックします。
  3. 追加する]をクリックします。

    除外追加 画面が表示されます。

  4. [ 方法 ]ドロップダウンリストから次のいずれかを選択します。
    • ドメイン:ドメイン名を入力します。

      注:

      1つのワイルドカード「*」を「。」でつないだものはドメインプレフィックスでサポートされます(例:* .example.com)。

    • ファイルSHA-1:ファイルのSHA-1ハッシュ値を入力します。

    • ファイルSHA-256:ファイルのSHA-256ハッシュ値を入力します。

    • IPアドレス:IPアドレスまたはハイフンで区切られた範囲を入力します。

      注:

      IPv4またはIPv6アドレス、アドレス範囲、およびサブネットマスクがサポートされます。

    • 送信者アドレス:メールアドレスを入力します。

    • URL:URLを入力します。

      注:

      ワイルドカード「*」は、ドメイン部分の先頭、パス部分の末尾、またはその両方でサポートされます。例:abc.example.com/path1/path2、* .example.com、abc.example.com /*、*.example.com/path/*

  5. (オプション)説明を入力します。
  6. [送信]をクリックします。

    オブジェクトが 除外 リストに表示されます。

    Trend Micro Vision One は、次回の同期時に不審オブジェクトリストからそのオブジェクトを除外し、今後は不審オブジェクトとして追加しません。