Endpoint Security Policies

エンドポイントグループにセキュリティ設定を適用して、必要なエンドポイントでXDR Endpoint Sensorを有効にします。

エンドポイントグループを利用して、特定のエンドポイントでXDR Endpoint Sensorを有効にします。

重要:

エンドポイントグループは、親グループからエンドポイントセキュリティポリシーを継承します。親グループの設定を変更すると、その親グループ内のすべてのエンドポイントと子グループ内のエンドポイントに同じ設定が適用されます。新しい親グループの設定をオーバーライドするには、特定の子グループの設定を手動で変更する必要があります。

  1. セキュリティ設定 > エンドポイントに移動します。
  2. 使用可能な任意のエンドポイントグループをクリックして、[ セキュリティエージェントの設定 ]パネルを開きます。

    Endpoint Inventory アプリを使用して、エンドポイントグループを作成または変更できます。

    詳細については、「 グループの管理」を参照してください。

  3. トグルスイッチをクリックして、 XDR Endpoint Sensorを有効または無効にします。
    重要:

    エンドポイントグループは、親グループからエンドポイントセキュリティポリシーを継承します。親グループの設定を変更すると、その親グループ内のすべてのエンドポイントと子グループ内のエンドポイントに同じ設定が適用されます。新しい親グループの設定をオーバーライドするには、特定の子グループの設定を手動で変更する必要があります。

  4. [ 保存 ]をクリックして、設定をエンドポイントグループに適用します。
    注:

    エージェントは、サーバへの接続後に新しい設定を適用します。