サービスゲートウェイの概要

ハイブリッドネットワークでのService Gatewayの仕組みについて説明します。

ローカルネットワークにインストールされたService Gatewayは、 Trend Micro Vision One と他の製品(オンプレミスのトレンドマイクロ製品やサードパーティ製品など)との間のリレーとして機能します。これにより、インターネットトラフィックを削減し、脅威インテリジェンスを共有しながら、トレンドマイクロのクラウドサービスを使用できます。

図 1. ハイブリッドネットワークでのService Gatewayの動作

Service Gatewayは、 Trend Micro Vision One のクラウドベースのインベントリリストとローカルベースの仮想アプライアンスで構成されます。

  • Service Gateway Inventory

    Trend Micro Vision One の Service Gateway Inventory は、接続されているService Gateway仮想アプライアンスのステータス情報(アプライアンスの詳細、サービスのステータス、接続されているエンドポイントなど)を提供します。 Service Gateway Inventory では、接続されているService Gateway仮想アプライアンスを管理することもできます。

    詳細については、「 Service Gateway Inventory」を参照してください。

  • Service Gateway仮想アプライアンス

    ローカルネットワークに接続されたService Gateway仮想アプライアンスは、ActiveUpdate、Smart Protection Services、不審オブジェクトリストの同期などのサービスをオンプレミスのトレンドマイクロ製品に提供します。Service Gatewayでは、ログ転送やサードパーティ製アプリケーションと Trend Micro Vision Oneの統合もサポートされます。Service Gatewayの機能の詳細については、「 サービスゲートウェイを設定する」を参照してください。

    Smart Protection Servicesは、ファイルおよびWebレピュテーションテクノロジを利用してセキュリティリスクを検出します。オンプレミスのトレンドマイクロ製品は、Service Appliance仮想アプライアンスに対してクエリを実行できます。これにより、仮想アプライアンスのローカルSmart Protection Serverを介して、またはリバースプロキシとしてSmart Protectionが提供されます。

    サードパーティ製アプリケーションの統合の詳細については、「 Third-Party Integration」を参照してください。