Service Gateway Inventory

サービスゲートウェイのステータスを確認し、仮想アプライアンスをダウンロードして、設定を構成します。

Service Gatewayインベントリ 画面には、 Trend Micro Vision Oneに接続されているサービスゲートウェイの概要が表示されます。サービスゲートウェイは、企業ネットワーク内のオンプレミスのトレンドマイクロ製品またはサードパーティアプリケーションへの接続を可能にし、 Trend Micro Vision One上の接続されたアプリケーションの可視性と管理機能を提供します。

操作

説明

サービスゲートウェイを配置する

  1. [ Download Virtual Appliance ]をクリックして、[ サービスゲートウェイ仮想アプライアンス ]パネルを開きます。

  2. [ エンドユーザ使用許諾契約書 ]を選択し、[ Download Disk Image]をクリックします。

  3. Service Gateway仮想アプライアンス(OVAファイル)を配置します。

    配信手順の詳細については、「 VMware ESXiでのService Gateway仮想アプライアンスの配置」を参照してください。

Service Gatewayの詳細を確認する

[ Service Gateway ]列の名前をクリックすると、サービスのステータスと接続されているエンドポイントの詳細が表示されます。

サービスゲートウェイの設定

[ 処理 ]列の歯車アイコンをクリックして、[ Service Gateway Settings] [ ]パネルを開きます。

詳細については、「 サービスゲートウェイを設定する」を参照してください。

サービスゲートウェイを切断する

処理 列のごみ箱アイコンをクリックして、サービスゲートウェイを Trend Micro Vision Oneから切断します。サービスゲートウェイを切断すると、 Trend Micro Vision Oneに保存されている設定と使用状況データが削除されます。

APIキーを管理する

不審オブジェクトリストの同期とログ転送にはAPIキーが必要です。[ Manage API Key ]ボタンをクリックして、キーを取得またはアップデートします。