MacインストーラへのAgentインストーラの配信

Macを配信するには、Agentをインストールしてセンサーを有効にする前に必要な権限がいくつかあります。

注:

MacエンドポイントにAgentを配信したら、ポリシーで有効にされたXDR機能を持つグループにエンドポイントを割り当てて、 XDR機能を有効にする必要があります。

詳細については、「 Endpoint Inventory」を参照してください。

  1. Trend Micro Vision One コンソールからmacOSパッケージを取得します。
    • パッケージをローカルにダウンロードして、対象エンドポイントにアーカイブを配信します。

    • ダウンロードリンクをコピーして、対象エンドポイントのブラウザに貼り付けます。

    重要:

    各インストールパッケージは会社に固有です。パッケージをインストールすると、エンドポイントは会社の Trend Micro Vision One コンソールへのレポートを開始します。

  2. ウィザードを使用してAgentをインストールします。
  3. MacエンドポイントでXDR機能を有効にします。
    1. Trend Micro Vision One コンソールで、 Endpoint Inventoryに移動します。
    2. エンドポイントグループ に移動し、ポリシーでXDR機能を有効にしたグループにMacエンドポイントを割り当てます。

      エンドポイントのグループへの割り当ての詳細については、「 グループの管理」を参照してください。詳細について

      詳細については、「 Endpoint Security Policies」を参照してください。

    3. Macエンドポイントでは、次のプロンプトが表示されたら、 "Allow" を実行する必要があります。
      • トレンドマイクロの証明書

      • Trend Micro Extension(XDR)/ System Extension

      • フルディスクアクセス

    Macエンドポイントは、アクティビティデータの Trend Micro Vision Oneへのレポートを開始します。