Sandbox Analysisへの送信タスク

不審ファイルオブジェクトを特定したら、 Trend Micro Vision One コンソールのコンテキストメニューを使用して、 Sandbox Analysisアプリでオブジェクトを分析用に送信できます。

  1. 収集するオブジェクトを特定したら、コンテキストメニューまたは対応メニューにアクセスし、[ Sandbox Analysisに送信]をクリックします。

    Sandbox Analysisへの送信タスク 画面が表示されます。

  2. (オプション)対応またはイベントの 説明 を指定します。
  3. [ 作成]をクリックします。

    Trend Micro Vision One はタスクを作成し、現在のコマンドステータスを Response Management アプリに表示します。

  4. タスクのステータスを監視します。
    1. Response Management アプリを開きます。
    2. (オプション)[ 検索 ]フィールドを使用するか、[ 処理 ]ドロップダウンリストから[ Sandbox Analysisに送信 ]を選択してタスクを探します。
    3. タスクのステータスを表示します。
      • 処理中...): Trend Micro Vision One が管理下のサーバにコマンドを送信し、対応を待機しています。

      • 待機中):要求が大量にあるか、セキュリティエージェントがオフラインのため、サーバがコマンドをキューに入れました。

      • 成功):管理下のサーバがコマンドを正常に受信しました。

      • 失敗 ):管理サーバにコマンドを送信しようとしたときに、エラーまたはタイムアウトが発生しました。

  5. Sandbox Analysis を確認するには、[ Sandbox Analysisを確認)]を選択して、 Sandbox Analysis アプリで分析結果を表示します。 Sandbox Analysis アプリの詳細については、 Sandbox Analysisを参照してください。