送信者のブロックタスク

Trend Micro Vision One コンソールのコンテキストメニューを使用して、ユーザにセキュリティリスクをもたらす可能性のあるメール送信者をブロックすることができます。

重要: ブロック送信者タスクは非推奨となり、ブロックリストに追加タスクと統合されました。詳細については、「 ブロックリストタスクに追加」を参照してください。

Cloud App Securityで [ブロックする送信者] リストに追加すると、そのメールアドレスから送信されたメールメッセージが隔離されます。

  1. ブロックする送信者を指定したら、コンテキストメニューまたは対応メニューにアクセスし、[ 送信者をブロック]をクリックします。

    送信者のブロックタスク 画面が表示されます。

  2. 対応の対象を確認してください。
  3. (オプション)対応またはイベントの 説明 を指定します。
  4. [ 作成]をクリックします。

    Trend Micro Vision One はタスクを作成し、現在のコマンドステータスを Response Management アプリに表示します。

  5. タスクのステータスを監視します。
    1. Response Management アプリを開きます。
    2. (オプション)[ 検索 ]フィールドを使用するか、[ 処理 ]ドロップダウンリストから[ 送信者をブロック ]を選択して、タスクを探します。
    3. タスクのステータスを表示します。
      • 処理中...): Trend Micro Vision One が管理下のサーバにコマンドを送信し、対応を待機しています。

      • 成功):管理下のサーバがコマンドを正常に受信しました。

      • 失敗 ):管理サーバにコマンドを送信しようとしたときに、エラーまたはタイムアウトが発生しました。

    そのメールアドレスが脅威ではなくなったと判断した場合は、 ブロックリストから削除 コマンドを送信して、送信者をリストから削除できます。

    詳細については、「 ブロックリストタスクから削除」を参照してください。