ブロックリストタスクに追加

Trend Micro Vision One コンソールのコンテキストメニューを使用して、ネットワークにセキュリティリスクをもたらす可能性のある不審オブジェクトに対してブロック対策を実行できます。

重要:

ユーザ定義の不審オブジェクトリストにオブジェクトを追加しても、そのオブジェクトへのアクティブなプロセスや接続は終了しません。アクティブなプロセスを終了するには、 終了 対応もトリガする必要があります。

  1. ブロックするオブジェクトを特定したら、コンテキストメニューまたは対応メニューにアクセスし、ブロックリストに追加の順にクリックします。

    ブロックリストタスクに追加 画面が表示されます。

  2. 対応の対象を確認してください。

    Trend Micro Vision One では、選択したサーバのユーザ定義の不審オブジェクトリストに次の種類のオブジェクトを追加できます。

    • ファイルSHA-1

    • IPアドレス

    • URL

    • ドメイン

    • メールアドレス
     
  3. (オプション)対応またはイベントの 説明 を指定します。
  4. [ 作成]をクリックします。

    Trend Micro Vision One はタスクを作成し、現在のコマンドステータスを Response Management アプリに表示します。

  5. タスクのステータスを監視します。
    1. Response Management アプリを開きます。
    2. (オプション)[ 検索 ]フィールドを使用するか、[ 処理 ]ドロップダウンリストから[ ブロックリストに追加 ]を選択してタスクを探します。
    3. タスクのステータスを表示します。
      • 処理中...): Trend Micro Vision One が管理下のサーバにコマンドを送信し、対応を待機しています。

      • 成功):管理下のサーバがコマンドを正常に受信しました。

      • 失敗 ):管理サーバにコマンドを送信しようとしたときに、エラーまたはタイムアウトが発生しました。

      重要:

      タスクステータス は、管理下のサーバがコマンドを正常に受信できたかどうかを示しますが、必ずしも対象サーバがユーザ定義の不審オブジェクトリストをすべての関連製品と同期したことを意味するわけではありません。

      ユーザ定義の不審オブジェクトリストにオブジェクトを追加しても、そのオブジェクトへのアクティブなプロセスや接続は終了しません。アクティブなプロセスを終了するには、 終了 対応もトリガする必要があります。