Response Management

Response Management アプリでは、 Trend Micro Vision One コンソールを使用して、処理を実行し、環境で実行した処理を追跡できます。

次の表は、 Response Management アプリで使用可能な処理を示しています。

操作

説明

対応データのフィルタ

検索 フィールドとドロップダウンリストを使用して、特定のタスクデータを検索します。

  • タスクステータス:配布管理システムに送信されたコマンドの現在のステータス

    重要:

    タスク状況 は、管理サーバーがコマンドを正常に受信して実行できたかどうかを示します。コマンドの対象がセキュリティエージェントの場合、 タスクのステータス は、対象のセキュリティエージェントまたはオブジェクトがコマンドを正常に実行したかどうかを示すとは限りません。

  • 処理:ターゲットに送信されたコマンド

    詳細については、「 対応処理」を参照してください。

  • 対象の種類:対象オブジェクトの種類

  • 作成者:タスクを作成したユーザ

  • 検索Task ID および Target オブジェクトの部分一致を提供します。

タスクの詳細を表示する

表を表示して、対象に送信されたコマンドのステータスを確認します。

詳細については、「 対応データ」を参照してください。

タスクに対して追加の処理を実行する

ターゲットに送信されるコマンドに応じて、2次処理または後続処理を実行できる場合があります。

タスクの横にあるチェックボックスをオンにして、表の上にある追加の処理ボタンにアクセスします(該当する場合)。

詳細については、「 対応処理」を参照してください。