Creditsベースのライセンスの概要

Trend Micro Vision OneのCreditsベースのライセンスは、 Trend Micro Vision Oneを介して複数のソリューションをより柔軟に管理できる革新的な新しい料金設定モデルです。

Creditsベースのライセンスでは、個々のライセンスの手間をかけずにトレンドマイクロのサービスを自由に配信できます。必要なサービスを有効にするだけで、Creditsが自動的に割り当てられます。リソースはいつでも再割り当てできるため、変化する要求に動的に対応できます。Creditsの使用は、4つの簡単な手順で開始できます。

手順1:Credits要件を見積もる

Trend Micro Vision OneCredits計算機 を使用して、組織の監視に必要なCredits数を見積もります。

詳細については、「 Credits計算ツールの使用」を参照してください。

手順2:Creditsの購入

営業担当者に連絡して、Trend Micro Vision One Creditsのサブスクリプションライセンスを購入してください。

ヒント:

最初に必要以上のCreditsを購入した場合は、追加のCreditsを使用して新しいトレンドマイクロのソリューションを試したり、予期しない要求に対応したりできます。

手順3: Trend Micro Vision Oneでサポートされるソリューションを有効にする

Trend Micro Vision Oneでサポート対象のアプリまたはセンサーを有効にすると、利用可能なCredits残高からCreditsが自動的に差し引かれます。サポートされているアプリまたはセンサーを無効にすると、Creditsは使用可能なCredits残高に自動的に戻されます。

ヒント:

Trend Micro Vision OneのCreditsはサブスクリプションライセンスの一種であり、購入したすべてのCreditsは有効期限まで有効でアクセスできます。つまり、Creditsを「使用」するのではなく、割り当てるだけです。ライセンス期間中は、Creditsを自由に割り当てたり、割り当て直すことができます。

注:

Creditsをサポートするトレンドマイクロ製品のリストについては、「 Credits」を参照してください。

手順4:Creditsの使用状況を監視する

Creditsの使用状況 画面を使用して、購入Credits総数、現在のCredits残高、割り当てられたCreditsの配分など、Credits使用状況に関する詳細情報を表示します。

詳細については、「 Credit Usage」を参照してください。