Trend Micro Apex Centralと統合する

TMWSaaSは、Trend Micro Apex Central™と統合され、Apex Central 2019をサポートしています。

Apex Centralは、ウイルス対策プログラムやコンテンツセキュリティプログラムを、その物理的な場所やプラットフォームに関係なく、一元管理できるソフトウェア管理ソリューションです。このアプリケーションを使用すると、企業のウイルス対策およびコンテンツセキュリティのポリシーの管理を簡略化できます。

Apex Centralは、組織の不審オブジェクトリストを統合し、統合された管理対象製品間でそれらのリストを同期します (例外を除く)。TMWSaaSがApex Centralに登録されると、Apex Centralは、スケジュールされた時間間隔で自動的に、不審オブジェクトをTMWSaaSと同期します。TMWSaaSは、独自の検索メカニズムとポリシーに加えて、脅威検索中にこれらの不審オブジェクトを実装することを選択できます。

重要:

このバージョンでは

  • TMWSaaSは、Apex Centralから同期された、仮想アナライザの不審オブジェクトのみを使用します。

  • TMWSaaSは、Apex Centralから同期された不審オブジェクトを使用して脅威を検出しますが、対応する検出ログをApex Centralに返すことはありません。

この機能の設定を開始する前に、以下を確認してください。

  • Trend Micro™ Customer Licensing Portal™ (CLP) またはTrend Micro™ Licensing Management Platform™ (LMP) アカウントを所有していて、TMWSaaSとApex Centralの両方がアクティブかつ使用可能であること。

  • Apex Centralで、不審オブジェクトをTMWSaaSに統合および送信できるように配信設定を完了していること。詳細については、Apex Centralのオンラインヘルプの「配信を設定する」を参照してください。

TMWSaaSがApex Centralから登録解除されるか、Apex Centralで同期が無効化されると、同期が終了します。不審オブジェクトは消去され、検索中に適用されなくなります。

ライセンスの期限が切れると、TMWSaaSは、ライセンスのプロビジョニング解除期間になるまで引き続き不審オブジェクトをApex Centralと同期してそのデータベースに保持します。その後、すべてのデータが消去されます。

このセクションでは、Apex CentralでのTMWSaaSの登録と登録解除の方法を説明します。

  1. TMWSaaSをApex Centralに登録します。
    1. Apex Centralで、[管理] > [管理対象サーバ] > [サーバ登録] の順に選択します。
    2. [サーバの種類] で、[Trend Micro Web Security as a Service] を選択します。
    3. [クラウドサービスの設定] をクリックします。
    4. LMPアカウントを使用している場合は、LMPのログインURL (例: https://clp.trendmicro.com/Dashboard?T=<tenant-id>) を入力します。tenant-id は、企業のテナントIDです。このURLは、受信した登録用のメールメッセージから確認できます。
      注:

      CLPユーザは、CLPのログオンURLの入力が不要です。

    5. LMPまたはCLPアカウント認証情報を指定し、[OK] をクリックします。

      TMWSaaSサーバがリストに表示されます。

  2. 必要に応じて、TMWSaaSをApex Centralから登録解除します。
    1. [サーバ登録] 画面の [サーバの種類][Trend Micro Web Security as a Service] を選択し、[クラウドサービスの設定] をクリックします。
    2. [クラウドサービスの設定] 画面が表示されたら、[Apex Centralからクラウドサービスを登録解除] をクリックします。
    3. 表示される確認画面で、[はい] をクリックします。