クラウドサービスレピュテーションサービスについて

クラウドベースのアプリケーションやサービスの普及と急速な導入に伴い、現在、シャドウITのリスクは主要な懸念事項となっています。シャドウITとは、組織内でIT部門やセキュリティ部門が承認、把握していないIT関連システムを使用することを指します。これは、近年、データに迅速にアクセスして共有するなど、業務に役立ち生産性を向上するアプリケーションやサービスをダウンロードして使用する従業員が増えるにつれ、急激に増加しています。クラウドアプリケーションへのアクセスを制御できなければ、ITリソースやコストに影響が及ぶだけでなく、企業のセキュリティとコンプライアンスもリスクにさらされます。

トレンドマイクロは、Webレピュテーションサービス (WRS) に加え、クラウドサービスレピュテーションサービスを提供しています。このサービスは、Webサイトドメインからのクラウドアプリケーションを特定して分類し、各クラウドアプリケーションにリスクスコアを割り当て、リスクスコアに基づいてクラウドアプリケーションを各種リスクに分類することができます。これで、組織内でのクラウドアプリケーションへのアクセスは、IT部門またはセキュリティ部門が管理できるようになります。

管理者は、CRSサービスと統合されたTMWSaaSを使用して、一連のクラウドアプリケーションを企業コンプライアンスに基づいてグループ化し、必要に応じてクラウドアクセスルールに追加して、ネットワーク上でのこれらのクラウドアプリケーションへのアクセスを制御できます。