オンプレミスゲートウェイを登録する

インストールの完了後、オンプレミスゲートウェイが正しく動作するようにするには、管理コンソールからTMWSaaSクラウドに登録する必要があります。管理コンソールではゲートウェイを管理し、設定したポリシーを配布することができます。

  1. 管理コンソールにログオンし、ゲートウェイ に移動します。
    1. [オンプレミスゲートウェイの追加] をクリックします。

      [オンプレミスゲートウェイの追加] 画面が表示されます。

    2. (オプション) オンプレミスゲートウェイをまだインストールしていない場合は、[インストールパッケージのダウンロード] をクリックしてインストールパッケージをダウンロードし、ローカルにインストールします。
    3. [登録トークン] に表示される登録トークンをコピーするか書き留めます。新しい登録トークンを生成して使用する場合は、[新しいトークンの生成] をクリックします。
  2. TMWSaaSオンプレミスゲートウェイWebコンソール (以下「Webコンソール」) にログオンし、[クラウドコンソールへの登録] に移動します。
    1. 次の情報を設定します。

      項目

      設定

      表示名

      オンプレミスゲートウェイの名前を指定します。この名前は、管理コンソールの [ゲートウェイ] 画面の [ゲートウェイ名] にも表示されます。

      登録トークン

      管理コンソールから入手した登録トークンをボックスに貼り付けるか入力します。

      説明

      (オプション) オンプレミスゲートウェイを簡単に識別できる、わかりやすい説明を指定します。この説明は、管理コンソールの [ゲートウェイ] 画面の [説明] にも表示されます。

      現在のステータス

      オンプレミスゲートウェイの現在のステータスを表示します。オプションは次のとおりです。

      • 登録解除: オンプレミスゲートウェイが登録されるまでは、ステータスは [登録解除] になります。

      • 登録済み: オンプレミスゲートウェイが登録されています。

    2. [登録] をクリックします。
  3. (オプション) 組織のADユーザの認証にAD FSを使用する場合は、オンプレミスゲートウェイからAD FSサーバに接続できることを確認します。
    1. ブラウザを開き、オンプレミスゲートウェイをプロキシサーバとして設定します。
    2. アドレスバーにhttps://<adfshost>/adfs/ls/idpinitiatedsignon.htmと入力し、Enterを押します。adfshostは、組織で導入しているAD FSサーバのホスト名です。

      AD FSのログオン画面が開きます。