ライセンス情報

ライセンス情報は読み取り専用です。ライセンスに関するお問い合わせは、ご購入時の販売代理店にお問い合わせください。

ライセンス情報を確認します。

TMWSaaSには、3種類のライセンスがあります。主要なライセンスはStandardライセンスAdvancedライセンスの2つです。それぞれの種類のライセンスについて、使用できない機能を次に示します。

ライセンスの種類

使用できない機能

Advancedライセンス

なし

Standardライセンス

  • クラウド仮想アナライザ

  • 情報漏えい対策

  • クラウドアプリケーションのアクセス制御

  • 50台を超えるオンプレミスゲートウェイ

アドオン

(日本国内ではご利用いただけません)

なし

注:

アドオンライセンスはスタンドアロンライセンスではありません。Standardライセンスとともに機能し、Advancedライセンスのすべての機能を提供するライセンスです。

すでにStandardライセンスを利用している場合、このアドオンを購入してTMWSaaSサービスをアップグレードすることで、Advancedライセンスのすべての機能を使用できるようになります。

アクティベーションコードと有効期限はStandardライセンスに準じます。Standardライセンスの期限が切れると、TMWSaaSサービスを利用できなくなります。アドオンライセンスの期限が切れても、Standardライセンスがまだ有効であれば、Standardライセンスの機能のみを引き続き利用できます。

各ライセンスには4つの期間があります。各期間とその期間に主要ライセンスでユーザが実行できることを次に示します。

注:

「有効期間」以外はサポート対象外です。サポート対象外の期間では、製品機能の動作が保証されません。

期間

説明

有効期間

ライセンス作成直後から始まる期間。この期間中、

  • ライセンスで利用できるすべての機能を使用できる。

  • [ライセンス情報] 画面でライセンスステータスを確認できる。

  • CLPコンソールでライセンスを更新すると、TMWSaaSに自動的に同期される。

  • CLPコンソールから直接TMWSaaS管理コンソールにアクセスできる。

  • CLPコンソールからTMWSaaSをプロビジョニングできる。

猶予期間

有効期間終了直後から始まる期間。この期間中、

  • ライセンスで利用できるすべての機能を使用できる。

  • [ライセンス情報] 画面でライセンスステータスを確認できる。

  • CLPコンソールでライセンスを更新すると、TMWSaaSに自動的に同期される。

  • CLPコンソールから直接TMWSaaS管理コンソールにアクセスできる。

  • CLPコンソールからTMWSaaSをプロビジョニングできる。

失効期間

猶予期間終了直後から3か月間続く期間。この期間中、

  • TMWSaaS仮想ゲートウェイを使用できない。

  • [ライセンス情報] 画面でライセンスステータスを確認できる。

  • CLPコンソールでライセンスを更新すると、TMWSaaSに自動的に同期される。

  • CLPコンソールから直接TMWSaaS管理コンソールにアクセスできる。

  • CLPコンソールからTMWSaaSをプロビジョニングできない。

プロビジョニング解除期間

失効期間終了直後から始まり、組織のデータが完全にTMWSaaSシステムから削除された時点で終了。この期間中、

  • トレンドマイクロにより、会社のプロビジョニング解除とTMWSaaSシステムからのサービスデータの削除が自動的に行われる。

  • ライセンスで利用可能なすべての機能を利用できない。

  • TMWSaaS管理コンソールにログオンできない。

  • ライセンスは無効になる。

  • CLPコンソールからのTMWSaaSのプロビジョニングまたはTMWSaaS管理コンソールへのアクセスを行えない。