GPOを使用した適用エージェントの配信

GPO (グループポリシーオブジェクト) を使用して、Windows用の適用エージェントを複数のコンピュータに配信します。配信前に、「適用エージェントの配信」のガイドラインを読んでください。

GPOの配信 (Windows Server 2012)

  1. 管理コンソールから適用エージェントのインストールパッケージをダウンロードし、ネットワーク内の共有コンピュータにコピーします。

    適用エージェントのインストールパッケージのダウンロードについては、適用エージェントの設定とダウンロードを参照してください。

  2. 管理者としてActive Directoryサーバにログオンします。
  3. [スタート]→[サーバー マネージャー]→[ツール]→[グループ ポリシーの管理] に移動します。

    [グループ ポリシーの管理] ウィンドウが表示されます。

  4. 左側のナビゲーションツリーから、[フォレスト: (フォレスト名)]→[ドメイン]→(ドメイン名) を選択します。
  5. (ドメイン名) を右クリックし、[このドメインに GPO を作成し、このコンテナーにリンクする] を選択します。

    [新しい GPO] ダイアログボックスが表示されます。

  6. [名前] テキストボックスに新しいグループポリシーオブジェクトの名前を入力し、[OK] をクリックします。

    [グループ ポリシー オブジェクト] に新しく作成したGPOが表示されます。

  7. GPOを右クリックし、[編集] を選択します。

    [グループ ポリシー管理エディター] ウィンドウが表示されます。

  8. 左側のナビゲーションツリーから、[コンピューターの構成] > [ポリシー] > [Windows の設定] を展開し、[スクリプト (スタートアップ/シャットダウン)] をクリックします。
  9. 右側のペインで、[スタートアップ] をダブルクリックします。

    [スタートアップのプロパティ] ウィンドウが表示されます。

  10. [スクリプト] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

    [スクリプトの追加] ダイアログボックスが表示されます。

  11. TMWSaaS適用エージェントのパスを入力します。

    たとえば、「\\GPO_controller server\shared_folder\enforcement_agent\SilentSetup.bat」のように入力します。

  12. [OK] をクリックします。

    [スタートアップのプロパティ] ウィンドウが表示されます。

  13. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

    クライアントコンピュータの再起動後、適用エージェントがインストールされます。

  14. (オプション) この手順で開いたウィンドウを閉じます。

GPOの配信 (Windows Server 2016)

注:

この手順は、Windows Server 2019にも適用されます。

  1. 管理コンソールから適用エージェントのインストールパッケージをダウンロードし、ネットワーク内の共有コンピュータにコピーします。

    適用エージェントのインストールパッケージのダウンロードについては、適用エージェントの設定とダウンロードを参照してください。

  2. 管理者としてActive Directoryサーバにログオンします。
  3. [スタート]→[サーバー マネージャー]→[ツール]→[グループ ポリシーの管理] に移動します。

    [グループ ポリシーの管理] ウィンドウが表示されます。

  4. 左側のナビゲーションツリーから、[フォレスト: (フォレスト名)]→[ドメイン]→(ドメイン名) を選択します。
  5. (ドメイン名) を右クリックし、[このドメインに GPO を作成し、このコンテナーにリンクする] を選択します。

    [新しい GPO] ダイアログボックスが表示されます。

  6. [名前] テキストボックスに新しいグループポリシーオブジェクトの名前を入力し、[OK] をクリックします。

    [グループ ポリシー オブジェクト] に新しく作成したGPOが表示されます。

  7. GPOを右クリックし、[編集] を選択します。

    [グループ ポリシー管理エディター] ウィンドウが表示されます。

  8. 左側のナビゲーションツリーから、[コンピューターの構成] > [ポリシー] > [Windows の設定] を展開し、[スクリプト (スタートアップ/シャットダウン)] をクリックします。
  9. 右側のペインで、[スタートアップ] をダブルクリックします。

    [スタートアップのプロパティ] ウィンドウが表示されます。

  10. [スクリプト] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

    [スクリプトの追加] ダイアログボックスが表示されます。

  11. TMWSaaS適用エージェントのパスを入力します。

    たとえば、「\\GPO_controller server\shared_folder\enforcement_agent\SilentSetup.bat」のように入力します。

  12. [OK] をクリックします。

    [スタートアップのプロパティ] ウィンドウが表示されます。

  13. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

    クライアントコンピュータの再起動後、適用エージェントがインストールされます。

  14. (オプション) この手順で開いたウィンドウを閉じます。