Azure Active Directory認証

Azure Active Directory (Azure AD) は、Microsoftのマルチテナント型クラウドベースディレクトリおよびID管理サービスです。Azure Active Directory認証は、Microsoft Azure Active DirectoryをIDプロバイダ (IdP) として使用して、ユーザ認証用にSAMLベースのシングルサインオン (SSO) を実装し、Azure ADとTMWSaaSの間でユーザ同期を自動化します。

このセクションでは、TMWSaaSで使用できるよう、Azure ADをSAML (2.0) IDプロバイダとして設定する方法について説明します。

複数のドメインがある場合、各ドメインで同じ認証方式 (直接、AD FS、エージェント、Okta、Azure AD、Google) を使用します。Azure AD認証方式では、各ドメインで同じ設定を使用します。

注:

この認証方式では、ホストされているユーザはTMWSaaSを介してWebサイトにアクセスできません。ホストされているユーザアカウントを管理する必要がある場合は、最初にそれらのアカウントをAzure ADに追加します。

Azure ADの設定を開始する前に、以下を確認してください。

  • Azure AD Free、Office 365アプリ、Premium P1、またはP2エディションのサブスクリプションが有効であること。

  • TMWSaaS管理者として、管理コンソールにログオンしていること。

  • Azureのグローバル管理者または共同管理者の権限を持っていること。

  1. Azure ADの新しいエンタープライズアプリケーションとして、TMWSaaSを追加します。
  2. Azure ADでTMWSaaS SSOと同期の設定を行います。
  3. TMWSaaSでAzure ADの設定を行います。
  4. ドメインを追加し、Azure ADのユーザとグループを同期します。
  5. TMWSaaSに対するシングルサインオンをテストします。