プライベートアクセス接続のトラブルシューティング

内部アプリケーションの接続と遅延の問題をトラブルシューティングするための情報を収集します。

Private Access Diagnosticsは、エンドポイントが内部アプリケーションに接続したときに、エンドポイントのトラブルシューティング情報を収集するモジュールおよびブラウザベースのツールです。エンドポイントと送信先サーバ間の接続と遅延の問題を特定するには、次の手順に従って プライベートアクセス診断 にアクセスし、デバッグログをサポート担当者に提供するようにエンドユーザに指示します。

  1. プライベートアクセス診断にアクセスします。
    • ブラウザアクセスで、アカウントのプロファイル画像をクリックし、プライベートアクセスを診断をクリックして、 プライベートアクセス診断 画面を開きます。

    • Secure Access Moduleで、デバッグ設定をクリックし、プライベートアクセスを診断をクリックしてプライベートアクセス診断画面を開きます。

    プライベートアクセス診断 画面には、次の情報が表示されます。

    セクション

    情報

    一般

    • 会社ID

    • プライベートアクセスサービスステータス

    • Trend Micro Vision Oneデータセンター

    • デバイスの位置情報

    ブラウザ情報

    • ユーザエージェント

    ユーザ情報

    • ユーザ名

    • サインインセッションの有効期限

  2. 内部アプリケーションに接続する時間をテストします。
    1. ラウンドトリップ時間(RTT)テストで情報を指定します。
      • ブラウザの[アクセス]で、ドロップダウンメニューから内部アプリケーションを選択します。

      • Secure Access Moduleで、エンドポイントのホスト名またはIPアドレスとポートを指定します。

    2. テストをクリックします。

      [RTTテスト結果]画面が開きます。

  3. デバッグログをダウンロードをクリックします。