インターネットアクセス接続のトラブルシューティング

インターネット接続と遅延の問題をトラブルシューティングするための情報を収集します。

インターネットアクセス診断は、エンドポイントがインターネットアクセスゲートウェイ経由でインターネットに接続したときに、エンドポイントのトラブルシューティング情報を収集するブラウザベースのツールです。エンドポイント、インターネットアクセスゲートウェイ、および接続先Webサイト間のインターネット接続と遅延の問題を特定するには、これらの手順に従って インターネットアクセス診断 にアクセスし、デバッグログをサポート担当者に提供するようにエンドユーザに指示します。

注:

トラブルシューティングに影響する遅延や変数の増加を避けるために、他のサードパーティのテストツールではなく、インターネットアクセス診断を使用することをお勧めします。

  1. インターネットアクセス診断 ページ http://auth.ztsa-iag.trendmicro.com/diagnoseにアクセスします。
    注:

    診断ページではHTTPのみがサポートされます。セキュリティ上の理由からHTTPをHTTPSに自動的にリダイレクトするブラウザの場合は、ブラウザの設定を変更して診断ページを正しく開きます。

    • Secure Access Moduleから: Secure Access Moduleにサインインし、デバッグ設定をクリックして、インターネットアクセスを診断をクリックします。

      サポートされているブラウザで診断ページが開きます。

    • ブラウザから:サポートされているブラウザで診断ページを開きます。

  2. ネットワーク接続をテストします。
    1. [インターネットアクセスゲートウェイ接続]のステータスが[プロキシサーバとして接続]になっていることを確認します。これは、インターネットアクセスが正常に機能していることを意味します。
    2. Webサイトを参照します。

      Webサイトが開きます。

  3. Webサイトにアクセスするまでの待ち時間をテストします。
    1. Secure Access Module またはインターネットアクセスの サインイン ページからユーザがサインインしたことを確認します。
    2. インターネットアクセス診断ページで、ラウンドトリップ時間(RTT)テストテキストボックスにHTTPまたはHTTPSのURLを入力し、テストをクリックします。

      新しいブラウザタブにラウンドトリップテストの結果ページが開き、要求の転送と処理に費やされた時間が、一致した Secure Access Rule でまたはHTTPSインスペクションルールが表示されます。

      注:
    3. (オプション)詳細な分析のためにデバッグログをダウンロードして提供します。