強制サインアウトタスク

Trend Micro Vision One コンソールで、ネットワーク環境にセキュリティリスクをもたらす可能性のあるユーザアカウントの修復対策を実行できます。

  1. Zero Trust Secure Access または Operations Dashboard アプリを使用して処理を実行するユーザアカウントを探します。
    • Zero Trust Secure AccessZero Trust Secure Access アプリ内の任意の場所でユーザをクリックして、ユーザ情報 画面に移動します。

    • Operations Dashboardユーザプロファイル 画面に移動します。

  2. オプションアイコン()と 強制サインアウトをクリックします。

    強制サインアウトタスク 画面が表示されます。

  3. (オプション)タスクの説明を指定します。
  4. 作成をクリックします。

    Trend Micro Vision One によってタスクが作成され、現在の処理のステータスが Secure Access History 画面に表示されます。

  5. (オプション)ユーザアカウントを管理するIAMシステムに必要な権限を付与します。
    注:

    この手順は、ポリシーの適用権限が付与されておらず、権限が不十分なためにタスクが失敗した場合にのみ必要です。詳細については、「 IDとアクセス管理」を参照してください。

    1. Zero Trust Secure Access > Secure Access Rules > IAMシステム設定に移動します。
    2. 表示されるIAMシステム設定画面で、目的のIAMシステムに対するポリシー施行権限を付与して、 Trend Micro Vision One ユーザデータへのアクセスを許可し、IAMシステムでのユーザアクセス処理を施行します。
    3. ユーザアカウントを探して、再度処理を実行してください。

      Trend Micro Vision One によってタスクが作成され、現在の処理のステータスが Secure Access History 画面に表示されます。

  6. タスクのステータスを監視します。
    1. 右下隅に表示される成功メッセージで、 タスクステータスを表示 をクリックします。

      Secure Access History画面に修復ログタブが表示されます。

      Secure Access History > 修復ログに直接移動し、検索フィールドを使用してタスクを見つけることもできます。

    2. 処理ステータスでタスクのステータスを確認します。
      • 処理中...): Trend Micro Vision One が強制ポイントにコマンドを送信し、 対応を待機しています。

      • 成功):コマンドが正常に受信され、実行されました。

      • 失敗):適用ポイントにコマンドを送信しようとしたときに、エラーまたはタイムアウトが発生しました。

      注:

      タスクのステータスは、強制ポイントがコマンドを正常に受信して実行できたかどうかを示します。プロセスが完了するまでに数分かかる場合があります。