情報漏えい対策ルール

情報漏えい対策ルールを管理して、送信Webトラフィックで機密データを含むコンテンツを検索し、保護されたアクセスルールに適用して保護を強化します。

インターネットアクセスサービスには、情報漏えい対策ルールが用意されており、機密データの追跡を容易にし、組織の機密情報を偶発的な開示や意図的な盗難から保護します。

注:

情報漏えい対策ルールは、次のものに適用できます。

  • インターネットアクセスルール

次の表は、情報漏えい対策タブで使用できる処理を示しています。

操作

説明

情報漏えい対策ルールを追加する

  1. 情報漏えい対策タブで、追加をクリックします。

  2. 指示に従って情報漏えい対策ルールを追加します。

    詳細については、「 情報漏えい対策ルールの追加」を参照してください。

情報漏えい対策ルールの詳細を確認する

選択した定義済みの情報漏えい対策テンプレートや、ルールを使用しているルールの数など、情報漏えい対策ルールに関する基本情報を表示します。

情報漏えい対策ルールを設定する

[情報漏えい対策]ルールに関する基本情報を変更するには、処理列の[ ]をクリックします。

[情報漏えい対策]プロファイルを複製するには、処理列の をクリックします。これにより、既存のルールと同様の設定で新しい情報漏えい対策ルールを追加できます。

[EDCAZY]から Trend Micro Vision One対策ルールを削除するには、処理列の[ ]をクリックします。

複数の情報漏えい対策ルールを削除するには、ルールを選択して左上の削除をクリックします。

注:

Secure Access Rule で使用されていない情報漏えい対策ルールのみ削除できます。