カスタムURLカテゴリ

アクセスルールを保護するために、 トレンドマイクロ の事前定義済みカテゴリの一部ではないサブジェクトURLにカスタムURLカテゴリを追加します。

注:

カスタムURLカテゴリは、次のものに適用できます。

  • リスクルール

  • インターネットアクセスルール

  • HTTPSインスペクションルール

次の表は、 カスタムURLカテゴリタブで使用できる処理を示しています。

操作

説明

カスタムURLカテゴリを追加する

  1. カスタムURLカテゴリタブで、追加をクリックします。

  2. カテゴリの一意の名前を指定します。この名前は、インターネットアクセスルールとHTTPSインスペクションルールを設定するときに、使用可能なURLカテゴリリストに表示されます。

  3. 一致モードを選択し、一致モードに基づいてドメイン、キーワード、またはURLをスペースで区切って指定し、追加をクリックします。

    エントリを削除するには、エントリに対応する列の最後にある をクリックします。

  4. 保存をクリックします。

カスタムURLカテゴリの詳細を確認する

URLカテゴリに関する基本情報を表示します。

カスタムURLカテゴリを設定する

URLカテゴリに関する基本情報を変更するには、処理列の[ ]をクリックします。

処理 列の をクリックして、URL カテゴリを複製します。これにより、既存のカテゴリと同様の設定で新しいURLカテゴリを追加できます。

処理 列の をクリックして、 Trend Micro Vision OneからURLカテゴリを削除します。

複数のURLカテゴリを削除するには、カテゴリを選択して、左上の削除をクリックします。

注:

Secure Access Rule またはHTTPSインスペクションルールで使用されていないカスタムURLカテゴリのみを削除できます。