Zero Trust Secure Access Credits設定

プライベートアクセス、インターネットアクセス、またはその両方を有効にすると、Creditsに割り当てられます。

Zero Trust Secure Access は、リスク制御機能を無料で提供しますが、認証された各ユーザにCreditsを割り当てる必要があります。プライベートアクセスとインターネットアクセスを個別に有効にすることもできますが、各サービスに異なるユーザを割り当てることはできません。Credits は、機能を有効にすると、すべての認証済みユーザに自動的に割り当てられます。

プライベートアクセスとインターネットアクセスを有効にすることで、内部アプリケーションやインターネットへのユーザのアクセスを制御できます。

  • プライベートアクセス:アカウントごとに50Credits

  • インターネットアクセス:1アカウントあたり80Credits

注:

データ保持期間:180日間

  1. Zero Trust Secure Access > Secure Access Overviewに移動します。
  2. Credit Usage)の横にある歯車のアイコンをクリックして、プライベートアクセスおよびインターネットアクセスサービスを表示または有効にします。
  3. Creditsは、プライベートアクセスまたはインターネットアクセス トグルを有効にすることで、目的のサービスにCreditsを割り当てます。

    サービスを有効または無効にした後、Creditsの推定コストをすぐに確認できます。

    重要:

    Credits見積もりは、機能を有効または無効にした場合にのみ有効です。変更を適用する前に認証済みユーザの数が変更された場合(または体験版が終了した場合)には、実際のCredits割り当てが異なる場合があります。

  4. 試用期間を完了していないお客様は、 試用期間終了後にCreditsを自動的に割り当て を選択して、サービスの中断を回避できます。
    重要:

    サービスの中断を避けるために、トライアルの終了時に十分なCreditsが利用可能である必要があります。 Creditsの取得の詳細については、営業担当者にお問い合わせください。

  5. 適用をクリックします。

    Creditsの割り当てを有効にして適用すると、すぐにサービスの使用を開始できます。