プライベートアクセス-クライアントアクセスとブラウザアクセス

エンドユーザがインストール済みのモジュールを使用して内部アプリケーションにアクセスするか、インターネットポータルを使用するかを決定します。

Zero Trust Secure Accessプライベート アクセスは、企業リソースへの SSO 接続を管理するエンド ユーザー デバイスにインストールされたモジュール、またはユーザーが使用する Web ベースのユーザー ポータルを使用するオプションを提供します。サインイン許可されたアプリを表示します。

クライアントアクセスとブラウザアクセスのどちらのオプションでも、プライベートアクセスコネクタを配置して社内アプリケーションを特定する必要があります。

アクセスの種類

説明

利点

クライアントアクセス

エンドユーザデバイスにインストールされ、IAMソリューションに統合された Secure Access Module は、設定されたプライベートアクセスコネクタに接続試行を転送し、プライベート アクセス制御 ルールを適用します。

  • IAMとの完全な統合により、最小限のユーザ操作でシームレスなSSOを実現

  • ユーザとデバイスの両方のレベルでの認証を保証するデバイスベースのアクセスルールを提供します。

  • 主要なアクセスプロトコル(HTTP、HTTPS、TCP、およびUDP)をサポート

  • 外部からのアクセスを防止

  • インターネットアクセスのプロキシ設定も管理します。

ブラウザアクセス

内部リソースへのアクセスが必要な外部ユーザの場合、 ユーザポータル を使用すると、エンドユーザは統合IAMにログインして、プライベート アクセス制御 ルールで許可されているすべての内部リソースのリストを表示できます。

  • エージェントレスソリューション

  • 許可されたユーザが外部の場所から内部のネットワークアプリケーションにアクセスできるようにします。