ドメイン 除外の追加

一致したドメインからのHTTPSトラフィックが自動的にユーザに渡されるようにするには、ドメインの除外を追加します。

  1. Zero Trust Secure Access > Secure Access Configuration > Internet Access Configurationに移動します。

    Internet Access Configuration画面が表示されます。

  2. HTTPSインスペクションドロップダウンリストからインスペクションの除外を選択します。
  3. 追加をクリックします。
  4. ルールの一意の名前と説明を指定します。
  5. ドメインを指定してください。

    Trend Micro Vision One では、ドメインの一致を使用して検査の除外を追加します。たとえば、 example.com は、Webサイト example.com とそのすべてのサブサイト、ディレクトリ、およびファイルに一致します。

    ヒント:

    Zero Trust Secure Accessでは、次のワイルドカード文字がサポートされます。

    • * : 任意の数の文字に一致

    • ?: 特定の位置の1文字に一致

  6. (オプション)次のサブドメインを対象外にするを選択し、テキスト ボックスに 1 つまたは複数のドメインを追加して、追加をクリックします。

    指定されたサブドメインからのHTTPSトラフィックはHTTPSインスペクションルールに従い、復号に失敗するとブロックされます。

    追加したドメイン名がテキストボックスの下の領域に表示されます。

  7. 保存をクリックします。