要求リスト

Managed XDR 運用チームによって送信されたすべての 対応処理 要求を追跡および管理します。

自動承認を無効にすると、Managed XDR は、手動承認を求める 対応処理 要求を送信します。対応処理 要求を処理するには、次のいずれかの方法を選択できます。

  • Trend Micro Vision One コンソールにアクセスせずに、メール通知で要求を直接承認または拒否する

  • Managed XDR アプリの 要求リスト 画面で、すべての要求の概要を取得し、1つ以上の要求を管理します。

    注:

    Managed XDR は、送信後60日間、 対応処理 要求を保持します。

次の表は、 対応処理 要求に対して実行できる処理の概要を示しています。

操作

説明

リクエストの詳細を表示

対応処理の詳細を展開するには、ステータスフィールドの左側にある右矢印アイコン()をクリックします。

Response Management アプリで各タスクをさらに確認するには、タスクIDリンクをクリックします。

要求のフィルタ

ステータスまたは処理フィルタを使用して、検索ボックスに 対応 対象キーワードを入力します。

注:

Trend Micro Investigation Kitの実行の実行:この対応処理は、対象エンドポイントにTrend Micro Investigation Kitを配信して実行し、エンドポイント情報を収集します。

要求を承認または拒否する

1つ以上の要求を選択し、承認または拒否をクリックします。

承認済みリクエストの有効期限を設定する

注:

この操作は、リモートシェル処理要求でのみ使用できます。

リモートシェル 要求は、承認後に有効期間が割り当てられます。割り当てられた終了時刻より前に期限切れになるように要求を設定できます。

1つまたは複数の承認済み要求を選択し、期限切れに設定をクリックします。

有効期限が切れるように設定すると、選択した要求のステータス列が「 "Expired" 」とマークされます。別のリモートシェルセッションを開始するには、新しい要求を送信する必要があります。