対応の承認を設定する

自動承認を有効にして、 対応処理 および自動承認をサポートするエンドポイントを指定します。

  1. XDR > Managed XDRに移動します。
  2. 設定タブをクリックし、対応の承認をクリックします。
  3. 自動承認を有効にするを有効にするチェックボックスを選択して、調査に基づいて Managed XDR 運用チームが実行する特定の 対応処理 を自動的に承認します。
    注:

    チェックボックスをオフにすると自動承認が無効になります。つまり、 対応処理ごとに手動承認が必要になります。Trend Micro Vision One は、実行前に手動承認を要求するために、各 対応処理 に対してメール通知を送信します。

    1. 使用可能な処理の横で、基本情報詳細を選択します。

      自動承認をサポートするために、 基本情報 および 詳細 の下のすべての 対応処理 が選択されます。必要に応じて処理の設定を変更できますが、少なくとも1つの処理が選択されていることを確認してください。

      自動承認に使用できるのは、 対応処理 のサブセットのみです。

    2. 次のいずれかを選択します。
      注:

      ホスト名またはIPアドレスを使用して、除外および選択したエンドポイントを指定します。

      • 環境内のすべてのエンドポイント:このオプションを選択すると、環境内の使用可能なすべてのエンドポイントで、選択した処理を実行するための自動承認がサポートされます。

        さらに、除外を許可でCSVファイルをインポートして範囲から特定のエンドポイントを除外するを選択することもできます。

      • 選択したエンドポイント:このオプションを選択した場合は、エンドポイントリストのインポート選択したアクションを実行するための自動承認をサポートするエンドポイントのリストを追加します。

        対象範囲外のエンドポイントについては、自動承認がサポートされている場合でも、 Managed XDR 運用チームが何らかの処理を実行する前に、手動による承認が必要になります。

  4. 承認と通知のために Trend Micro Vision One アカウントを指定します。必要に応じて、通知用に追加のメールアドレスを指定します。

    Trend Micro Vision One は、手動承認を要求するか、または自動承認された 対応処理を受信者に通知するために、メール通知を送信します。

  5. 保存をクリックします。