不審オブジェクトを追加する

不審オブジェクトリストには、ドメイン、ファイルSHA-1、ファイルSHA-256、IPアドレス、送信者アドレス、またはURLオブジェクトを追加できます。

  1. Threat Intelligence > Suspicious Object Managementに移動します。

    Suspicious Object Management画面が表示され、不審オブジェクトリストタブが表示されます。

  2. 追加をクリックします。

    不審オブジェクトの追加画面が表示されます。

  3. 方法ドロップダウンリストから次のいずれかを選択します。
    • ドメイン:ドメイン名を入力します。

    • ファイルSHA-1:ファイルのSHA-1ハッシュ値を入力します。

    • ファイルのSHA-256:ファイルのSHA-256ハッシュ値を入力します。

    • IPアドレス:IPv4またはIPv6アドレスを入力します。

    • 送信者アドレス:メールアドレスを入力します。

    • URL:URLを入力します。

  4. オブジェクトの リスクレベル を選択します。
  5. 接続された製品がオブジェクトを検出した後に適用する処理を指定します。

    詳細については、「 不審オブジェクトの処理」を参照してください。

  6. 有効期限のオプションを選択します。
    • 指定した日数でオブジェクトが自動的に期限切れになるように設定します。

    • オブジェクトを無期限に設定します。

  7. (オプション)説明を入力します。
  8. 送信をクリックします。

    オブジェクトが不審オブジェクトリストに表示されます。

    接続された製品は、次回の同期時に Trend Micro Vision One から新しいオブジェクト情報を受信します。