クラウドアプリプロファイルの診断

クラウドアクティビティ のクラウドアプリケーションプロファイルは、クラウドアプリケーションの相対的な リスクレベル と、組織がアプリにアクセスする頻度を示します。

クラウドアプリは、クラウドベースのサービスです。クラウドアプリサービスの例としては、Software-as-a-Service(SaaS)、Platform-as-a-Service(PaaS)、Infrastructure-as-a-Service(IaaS)などがあります。クラウドレピュテーションサービスで診断されるアプリの種類の例を次に示します。

  • コラボレーションプラットフォーム

  • マーケティングおよび販売システム

  • 財務および会計スイート

  • ビジネスおよびコンテンツ管理

  • ITおよびサポートソリューション

  • エンタープライズソーシャルネットワーキングサービス

  • 一般的なクラウドコンピューティングのプラットフォームとサービス

クラウドアプリの詳細画面には、クラウドアプリサービスと組織でのサービスの使用状況に関する情報を提供する次のタブがあります。

タブ

説明

基本情報

クラウドアプリサービスに関する基本情報

  • アプリ名の下のドロップダウンリストを使用して、アプリのステータスを 承認済み または 不承認に変更します。

    注:

    Operations Dashboard では、Azure ADを介してアクセスされるクラウドアプリは、初期設定で"承認済み"分類されます。

  • サイトの成熟度、セキュリティ機能、および最近のセキュリティ違反に関する公開データを基にしたクラウドアプリケーションのリスク診断。

    詳細については、「 クラウドアプリケーションのリスクレベル」を参照してください。

    クラウドアプリのリスクレベルが組織に適していると思わない場合は、リスクレベルのカスタマイズ リンクをクリックして、 リスクレベルを手動で調整します。

    重要:

    アプリケーションの リスクレベル は、そのアプリケーションの成熟度とセキュリティコンプライアンスのレベルを示し、アプリケーションが不正または危険であることを示すものではありません。トレンドマイクロのエキスパートは、複数の条件に基づいてクラウドアプリケーションのリスクレベルを常に評価、評価、および調整し、常に最新の情報を入手できるようにします。

    トレンドマイクロでは、アプリに関する情報が完全であることを保証することはできません。正しく評価されていないと思われるアプリの リスクレベル をカスタマイズします。

使用状況

地理的な位置と、特定の日にユーザまたはデバイスがクラウドアプリにアクセスした回数が表示されます。

ユーザ

クラウドアプリサービスにアクセスした組織内のユーザが表示されます。

ユーザ名をクリックすると、ユーザプロファイル画面が表示されます。

デバイス

クラウドアプリサービスにアクセスした組織内のデバイスが表示されます。

デバイス名またはユーザをクリックすると、関連するプロファイル画面が表示されます。